セキュリティ防犯カメラお役立ち情報

ダミーカメラはバレる?見破られない設置方法とその効果

ダミーカメラは設置しているだけで防犯効果がある上に価格が安いため、お金はかけたくないけど防犯はしたい!という方にピッタリなものだと思います。

しかし、犯罪者もしっかり下調べをしてから行動するということを忘れないでください。

ダミーカメラだと見破られてしまえば、付けていないも同然です!

そうならないように、ここでダミーカメラの設置の仕方についてしっかり学んでいってくださいね♪

ダミーカメラのメリット、デメリット

まずは、ダミーカメラの特徴について知りましょう。

メリット

価格が安い

本物と比べるとかなり安く、1000円をきるものもあります。

最近では、本物と見分けがつかないほど良く出来たものも販売されているので、コスパは最強です。

犯罪の抑止力になる

本物のカメラと同様に、設置しているだけで犯罪者に狙われるリスクが減ります。

家主が安心感を得られるのも良い点です。

デメリット

何かあった時に録画や撮影が出来ない

万が一侵入された際、ダミーだと証拠映像が撮れないため犯罪者を逃すことになります。

見破られたら無意味

ダミーだと見破られてしまった場合、ダミーカメラには防犯の効果が無くなってしまいます。

設置していないことと同じなので、抑止力にはなり得ません。

要注意!ダミーだとバレるポイント6つ

ダミーカメラだと分かってしまう点はどんな部分にあるのでしょうか。

必ず設置する前に見てくださいね♪

カメラの設置位置

設置位置が高すぎたり低すぎたりする場合、ダミーだと見破られやすくなります。

また、低い位置に設置するとカメラの状態をよく見ることが出来てしまうため、益々ダミーだと分かってしまいます。

LEDランプが常時点滅している

本物の防犯カメラであれば、LEDランプは昼間には点灯することがありません。

また、夜間は赤外線LEDが点灯するということも覚えておきましょう。

そのため、常に点滅している防犯カメラはダミーだとバレてしまうので要注意です。

配線がない

ダミーカメラは配線がないものが多いです。

しかし、本物の防犯カメラには映像用と電源用の2つの配線ケーブルが付いています。

無線であっても電源ケーブルが必要になるので、配線が何もない、もしくは途中で途切れていると、ダミーだと分かってしまいます。

見た目が安っぽい

安いダミーカメラは、プラスチックで出来たものが多いです。

しかし、本物はアルミなどの金属製のものがほとんどなので、見た目ですぐに見破られてしまう可能性が高いです。

屋外用の防犯カメラでプラスチック製のものは少ないことを覚えておきましょう。

ダミーカメラだけメーカーが違う

本物とダミー、複数台の防犯カメラを設置する場合に注意して欲しいのが、メーカーの違いです。

ほとんどメーカーが一緒なのに、ダミーだけノーブランドだったりメーカーが違ったりするのは不自然です。

全て同じメーカーで揃えるか、全てバラバラにしましょう。

同じメーカーにダミーカメラの販売があるかもチェックしてみてくださいね!

設置場所・設置の仕方に矛盾がある

防犯カメラには屋内用と屋外用があり、ドーム型は通常屋内用です。

ドーム型のカメラを屋外に設置してしまうと、犯罪者にダミーじゃないか疑われ、狙われる原因になります。

仮に本物だったとしても、防犯効果がないため屋外への設置は避けた方が良いでしょう。

防犯カメラの形状と設置位置は特に注意する必要があります。

知って得する、カメラの形状と設置方法

設置位置や形状に矛盾があると、すぐにダミーだと見破られてしまいます。

そこで、カメラの形状と屋内用、屋外用などの設置に関する情報をお教えします!

絶対役立つので見ていってください♪

ドーム型

基本的に屋内での使用がメインで、設置は天井です。

見た目が景観を壊しにくいためマンションやビルに設置されていることが多いです。

ボックス型

それ自体では防水・防塵の機能が備わっていないので、「ハウジング」と言われる専用のカバーを被せることで屋外設置が可能になります。

天井の高い位置にぶら下げるようにし、撮影したい方向に向けて設置します。

一戸建て住宅の玄関や庭に設置されることが増えてきています。死角が出来てしまうため、見えずらい場所には複数台設置がおすすめです。

バレット型

ボックス型で取り付ける「ハウジング」が一体になった防犯カメラで、屋外での使用がメインです。

壁面や天井だけでなく、電柱にも設置することが出来ます。

一戸建て住宅でも使用されることが多く、軒先に設置することで防犯対策ができます。

下のページでは、形状とその特徴についてより詳しく書いています。

それだけでなく、防犯カメラの選び方なども紹介していますので、合わせて読んでみてください♪

防犯(監視)カメラの機能と選び方!おすすめメーカーも教えます
コロナウイルスの影響で経済活動が円滑でなくなり、日本は11年ぶりに景気が悪化してしまいました。 不景気により増加するのが、自殺と犯罪です。 人は金銭面で余裕がなくなると、心にも余裕がなくなってしまい、犯罪を起こしてしまう人が増加するよう...

バレないためには?ダミーカメラ設置で気を付ける点を紹介

では、ダミーだとバレないためにはどのようなところに気を付ければいいのでしょうか。

バレるポイントで紹介した点も含めて、気を付ける部分をご紹介していきます。

設置位置には注意する

防犯カメラは通常、2.5~3.5mの高さで設置されるので、それ以上にも以下にもならないように気を付けましょう。

カメラの角度にも気を配ることでよりバレにくくなるでしょう。

配線もしっかり行う

ダミーカメラに電源コードや配線カバーを取り付けることで、より本物に近づきます。

ダミーカメラ用の配線カバーセットなどが売られているので探してみてください。

尚、素人の配線は不自然になる可能性が高いため、なるべく業者にお願いすることをおススメします。

安すぎる(ノーブランド)ものは買わない

上記で1000円をきるものもあるとお伝えしましたが、安いダミーカメラは購入しない方が良いです。

安すぎるものは見た目ですぐにダミーだと見破られてしまいます。

本物の防犯カメラと見た目を比較してから購入する方がいいでしょう。

LEDが点滅するものは買わない

ダミーカメラは、常時点滅するものがほとんどです。

しかし、それだとダミーだとすぐにバレてしまうので、点滅しないかどうかをしっかり確認してから購入するようにましょう。

本物のカメラはLEDが夜にのみ点灯します。覚えておきましょう。

アンテナの長さ

ワイヤレスのカメラにはアンテナが付いているのが普通です。

しかし、アンテナが長すぎるものはダミーだとすぐに分かってしまいます。

ワイヤレスのダミーカメラを購入する場合は、アンテナの長さは5cm程度か確認しましょう。

ステッカーを貼る

「防犯カメラ作動中」など、防犯カメラの存在をアピールできるステッカーを近くに貼っておくと、より防犯効果が高まります。

本物と一緒に設置する

ダミーカメラは、本物の防犯カメラと併用することでさらに効果を発揮することが出来ます。

複数台購入する場合にコストを抑えたり、沢山設置してあることで防犯意識の高い家だと認識され狙われる確率が下がります。

万が一侵入されたとしても、本物を設置してあればしっかり犯行映像を捉えることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ダミーカメラの設置に関して注意する点がいくつか分かったと思います。

今回の内容をまとめると、以下のようになります。

ここがポイント
      • ダミーカメラは価格が安いが、見破られてしまえば無意味
      • ダミーカメラだと見破られる理由は、本物との違いである
      • ドーム型、ボックス型、バレット型でそれぞれ設置できる場所が違う
      • より本物に近い機能や見た目を持つものを購入するべき。安すぎてもダメ!

オフィ助では、ダミーカメラを販売しているメーカーも扱っています。

ダミーカメラだけでなく、防犯カメラについて聞きたいことがあれば、お気軽にご連絡ください♪

知識豊富なスタッフがお客様の疑問に丁寧にお答えいたします。

メールでの問い合わせは下のボタンからどうぞ!

 

コメント