コピーの出力設定を確認しよう!
使い方

複合機・コピー機の印刷の向きで失敗しない出力設定の仕方4ステップ

コピーやプリントをするときに、「原稿の向きを間違ってミスプリントしてしまった」という経験は誰にでもありますよね。

そのため、

「絶対に失敗したくないんだけど、原稿のセットのコツってあるの?」
「複合機・コピー機で原稿のセットミスをなくす機能はないの?」

など、疑問に思う方も多いはず。

そこで、今回は複合機・コピー機への原稿のセットの仕方、出力設定機能の使い方やよくある疑問などについて解説していきます。

これを読めば、原稿や用紙のセットに悩まず、大切なコピーでもミスなくプリントすることが可能ですよ!

ぜひ読み進めてくださいね。

コピー用紙を正しくセットする方法

複合機・コピー機に原稿と用紙を正しくセットする方法について、確認していきましょう。

原稿のセット方法

まずは、原稿のセット方法です。

ADFを利用する場合 印刷したい面を上にしてセット
ガラス面を利用する場合 印刷したい面をガラス面に向けてセット

ADFの場合は下にセットしてしまうと印刷できないので注意してくださいね。

用紙のセット方法

次に、用紙のセット方法をまとめました。

用紙カセットの場合 印刷したい面を上にしてセット
手差しトレイの場合 印刷面を下にして用紙をセット

用紙カセットを使う場合は印刷してほしい面を上にするため、写真印刷であれば画像面を上にしてセットするようにしてください。

コピー用紙のセットミスは出力設定オプションで解決!

原稿のセットの仕方は合っていても、用紙の方向が間違っているとミスプリになりますね。

しかし、「縦横の向きを間違えて、印刷が途中で見切れてしまった」というようなミスは、複合機・コピー機に搭載されている「出力設定」で回避することが可能です。

出力設定は比較的多くの複合機・コピー機に搭載されているので、ぜひこの機能を活用してみましょう。

出力設定の詳細方法4ステップを画面付きで紹介

今回は、シャープさんのMX-2650FNを使って、設定方法についてご説明します。

他のメーカーさんや機種も表示の仕方に多少の違いはあれど、変更する箇所はほぼ同じなので、各機種で同じような操作をしていただければ問題ありませんよ。

出力設定の仕方

まずはコピーを選んで先に進みます。

出力設定の仕方

次に、「詳細」を選択します。

出力設定の仕方

すると、この画面になりますので「原稿」を選択します。

出力設定の仕方

原稿を選択したら、「画像の向き」を用紙の向きに合わせて、どちらかを選択します。

これであとは「OK」を押してコピーを開始するだけです!

これだけで、原稿を縦にセットしても横にセットしても、希望通りコピーすることが可能になります。

オフィ助ふきだし
また、プリントやスキャンの場合も同じように「画像の方向」を紙の向きに合わせれば、向きを間違えることなく出力することができますよ!(^^)!

コピー用紙の向きの出力設定に関する4つの疑問を解消

便利な出力設定ですが、機能としては原稿の向きの設定だけではありません。

そのため、使用するにあたって疑問に思う声も数多くあります。

そこで、出力設定のよくある疑問4つについて解説しましょう。

使用する前に認識しておいた方がいい内容もあるので、ぜひ読みすすめてください。

1. 管理者設定や出力設定の確認は必要?

管理者設定や出力設定は使用前に必ず確認しておきましょう。

出力設定が利用できる場合は、設定ミスがないかどうかチェックしておくことも大切です。

もし管理者設定で出力設定の変更が禁止されている場合、管理者権限がない限り自分で変更することはできないので覚えておいてください。

2. ユーザー指定のサイズに対応する?

A4など規定のサイズではなく、規格外の特殊用紙へプリントしたい場合は、手差しトレイもしくは用紙トレイへ用紙をセットする必要があります。

ただし、用紙トレイを使用できるのは、その複合機・コピー機が対応している規格内の用紙サイズです。

長尺用紙などは用紙トレイへ収納できないので、手差しトレイを使用しましょう。

原稿サイズは方向の変更と同様に、出力設定で設定ができますよ。

ただし、手差しトレイの場合は設定方法が異なるので、次項の「手差しトレイでも出力設定で向きを合わせられる?」を参考にしてくださいね。

例:MX-2630FNの場合

例えば、先にご紹介したMX-2630FNの場合、用紙トレイを使用する場合、前項で説明したように「原稿」をタップすると、用紙のサイズも指定することが可能です。

インチや直接入力でも指定することができるので、

  • 手差しトレイへ用紙のセット
  • 原稿のサイズ変更は出力設定で行う

といった2つのポイントを押さえてプリントをしましょう。

3. 手差しトレイでも出力設定で向きを合わせられる?

出力設定で原稿の方向を合わせるためには、ADFもしくはガラス面に原稿をセットする必要があります。

ユーザー指定サイズの用紙の印刷を行う場合でも同様です。

ただし、長尺用紙の印刷を行う場合は、手差しトレイへ用紙をセットしプリントしなければなりません。

手差しトレイを使ってプリントする場合は、出力設定の方向を変更することはできないので覚えておきましょう。

4. コピー用紙の出力設定は記録できる?

出力設定で使用した用紙のサイズは、「登録サイズ」として記録しておくことができます。

ただし、一度印刷を終了しホーム画面に戻ってしまうと、「シンプルコピー」や「コピー」で設定されている機能へ戻るので注意しましょう。

機種によっては、ジョブプログラムも搭載されていることがあり、活用するのもおすすめです。

出力設定で特殊な原稿の向きの決め方

特殊な原稿をプリントしたい場合、困るのが原稿の向きや用紙の向きですよね。

そこで、長辺綴じの場合とハガキのプリントについて、一般的な複合機・コピー機を例にお話しします。

長辺綴じの場合

雑誌の見開きのように印刷できる長編綴じですが、同じ長編綴じでも向きによって異なります。

例えば、A4サイズを長編綴じする場合はこのようになります。

A4サイズ 綴じられる位置
縦置きした場合 左の長辺
横置きした場合 上辺

長編綴じをしたい場合、重要なポイントは出力設定の「用紙方向」と「綴じる方向」です。

出力設定で

  • 用紙の向き…縦向き
  • 綴じる方向…長辺に設定

とすることで、長編綴じでの印刷ができます。

縦置きの長辺綴じ

縦向きの長辺綴じ印刷を行いたい場合は、出力設定の用紙の向きが“縦”になっているかどうか確認してください。

両面印刷で長編綴じを行いたい場合は、次のように原稿をセットしましょう。

【ADFの利用】 原稿のセット
片面→両面 印刷したい面を上に1枚1枚重ねてセット
両面→片面 最初に印刷したい面を上に1枚1枚重ねてセット

ADFに原稿をセットする向きは、印刷面が上部であれば横置きでも縦置きでも問題ありません。

この時に、出力設定は縦向きにしておくことが重要です。

横向きの長辺綴じ

横向きの長辺綴じを行いたい場合は、出力設定の用紙の向きが“横”になっているかどう確認します。

用紙の向きは“横”と“上部長辺綴じ”などといったように、出力設定をセットする必要があるので注意しましょう。

機種によって、どの長辺を綴じるのか指定する必要がある複合機・コピー機もあります。

ハガキの場合

ハガキへ印刷をしたい場合、手差しトレイを活用することが多いです。

手差しトレイでは、印刷面を上にハガキをセットして印刷を行います。

ハガキを設定した後は、出力設定で用紙サイズの変更を忘れないようにしてくださいね。

また、パソコンを使用してプリントするときは、印刷設定などでハガキサイズでのプリント設定が必要です。

出力設定以外のコピー用紙の向きを揃える機能2つ

出力設定以外の方法でも、用紙の向きを変えることができる機能が付いた複合機・コピー機があります。

そこで、出力設定以外で用紙の向きを変えるのに役立つ機能を2つご紹介しましょう。

1. 自動画像回転機能

セットした原稿と用紙トレイにセットされている用紙の方向が異なると、ミスプリになってしまいます。

そこで自動画像回転機能を利用すると、セットされた原稿の向きを自動的に感知し、用紙に合わせて印刷することが可能です。

この機能を利用することで、原稿のセット方向を気にすることなくプリントすることができますよ。

富士ゼロックスの機種ではコピーの「読み取り方法」、シャープでは「回転コピー」で設定しましょう。

2. 原稿向き自動検知機能

原稿向き自動検知機能は、スキャンのときに原稿の向きを自動的に検知し、正しい方向に回転して送信する機能です。

キャノンの複合機・コピー機に搭載されている機能で、ファンクション設定の「OCR設定」で利用することができます。

このほかにも、ブラザー・リコーなどの複合機・コピー機にも、多少名称は異なりますが、自動的に原稿と用紙の方向を合わせてくれる機能が付帯されていますので、活用してみてくださいね。

出力設定用モニターつき複合機・コピー機のおすすめ機種3選

「ミスプリを失くすには、どの機種が使用しやすいの?」と思う方もいますよね。

ここからは、出力設定つき複合機・コピー機のおすすめ機種3台をご紹介していきます。

  • 低コスト
  • 使いやすい
  • 用紙方向などミスプリを防ぐ機能がある

といった3つのポイントを兼ね備えた機種をご紹介するので、ぜひ複合機・コピー機選びの参考にしてくださいね!

1. EPSON(エプソン)PX-M7110F

EPSON(エプソン)PX-M7110F

エプソンが発売するビジネス用プリンター「PX-M7110F」は、印刷コストを抑えることに力を入れた機種です。

基本的な機能
  • コピー
  • プリント
  • スキャン
  • FAX
インクのタイプと色数
  • トナーカートリッジ式
  • 4色
対応最大用紙 A3
コピー速度
  • モノクロ:7秒
  • カラー:7秒

X-M7110Fは、有料オプションであることも多い無線LANが標準搭載されています。

また、両面コピーでの長辺綴じもタッチパネルで仕上がりイメージが確認できたりと、操作しやすく希望通りの印刷がしやすいのも特徴です。

できるだけ使用方法はわかりやすく、そして低コストの複合機・コピー機を探しているという方にピッタリですよ。

2. CANON(キヤノン)iR-ADV C3530

CANON(キヤノン)iR-ADV C3530

キャノンのiR-ADV C3530は、操作性が高いと定評のある機種です。

基本的な機能
  • コピー
  • プリント
  • スキャン
インクのタイプと色数
  • トナーカートリッジ式
  • 4色
対応最大用紙 A3
コピー速度
  • モノクロ:5.9秒
  • カラー:8.2秒

ADFやFAXはオプションとなっています。

ADFは、両面同時読取と反転読取いずれかを選択することが可能です。

前項でご紹介した原稿向き自動検知機能も搭載されているので、スキャンで原稿を読み込みたいときにも大変便利ですよ。

また自分のタッチアイコンを設定し自分だけの操作を保存しておくことができるので、個人的に長尺用紙やハガキなどの特殊用紙を使うことが多いオフィスに最適です。

3. SHARP(シャープ)MX-2630FN

SHARP(シャープ)MX-2630FN

シャープのMX-2630FNは、シンプルな操作パネルで操作しやすく、そして作動音も小さく仕事の邪魔をしない複合機・コピー機です。

基本的な機能
  • コピー
  • プリント
  • FAX
  • スキャン
インクのタイプと色数
  • トナーカートリッジ式
  • 4色
対応最大用紙 A3
コピー速度
  • モノクロ:4.7秒
  • カラー:6.7秒

印刷にかかる作動音は、複合機・コピー機の近くの席の人にとっては騒音に感じることもあります。

MX-2630FNは稼働時平均52デシベルで、家庭用エアコンの室外機と同等レベルの音量なので、オフィスで使用することを考えると極めて静かな作動音と言えますね。

自動画像回転機能「回転コピー」が搭載されており、出力設定での用紙の方向を変えることも可能です。

ミスプリをできるだけ失くしたい、難しい手順なく印刷をしたい!といった場合におすすめです。

詳しいMX-2630FNの性能や価格については、次の記事を参考にしてください。

SHARP(シャープ)MX-2630FNのスペックと価格をわかりやすく解説
シャープのMX-2630FNに注目している方の中には、 「MX-2650FNってどんな機種?」 「価格はどれくらい?」 といった方もいますよね。 そこで今回は、MX-2630FNの詳しいスペックや機能、そして価格などをご...

まとめ

いかがでしたか。

今回は、コピー時に悩みがちな用紙・原稿のセットミスに対処する方法や、機能についてお話ししました。

覚えておいてほしいポイントとしては次の3つがあります。

ここがポイント
  • 縦横どちらにセットしたらいいのか迷ったら、出力設定の用紙方向変更で解決
  • 機種によって、原稿と用紙の方向を自動的に合わせる機能がある
  • 長辺綴じを利用した場合は、「用紙方向」と「綴じる方向」に注意

「ミスプリが多くて困る」
「簡単に設定して、用紙の向きを気にせず印刷をしたい」

といった方は、この記事を参考にぜひ複合機・コピー機の機能を使ってみてくださいね!

オフィ助では、複合機・コピー機の機能についてのご相談も喜んでお受けいたします。

ぜひお気軽にオフィ助までお問い合わせください。

お客様のニーズに合わせてできる限りの対応をさせていただきます!

コメント