注意!windows10へのアップデート
使い方お役立ち情報

Windows10でスキャンできない3つの原因と解決策まとめ

Windows10にアップグレードをしたら、トラブルがあったという噂を耳にしたことがある方も多いでしょう。

中には、アップグレードしたことによって、スキャンができなくなったという方もいます。

「スキャンしたデータをファイルに保存できない!」
「スキャンができるようにするにはどうすればいい?」

と困っている方もいるはず。

そこで、どうしてWindows10にアップグレードするとスキャンができなくなったのか、その原因と解決策等をお話ししていきましょう。

これを読めば、すぐにでもスキャンができますよ!

ぜひ読み進めてくださいね。

Windows10でスキャンできない主な3つの原因

Windows10にアップグレード後、スキャンしたデータをフォルダに送ることができないといった場合、原因としては3つが考えられます。

それぞれについて解説していきましょう。

1. 複合機のファームウェアがWindows10に対応してない

Windows10でスキャン機能を利用するためには、複合機・コピー機がWindows10に対応している必要があります。

今まで使用していて問題がなかったとしても、複合機・コピー機がWindows10に対応していなければ、パソコンをアップグレードさせてしまうと、フォルダに保存することができません。

スキャンデータをパソコンのフォルダへ保存するためには、複合機・コピー機のファームウェアのアップグレードが必要になるので覚えておきましょう。

2. アップデートでパスワード保護共有が有効になっている

パソコンをWindows10にアップグレードしたことによって、パスワード保護共有が有効になってしまっている可能性も考えられます。

パソコンを起動したときに、パスワードを入力しましたか?

もし入力していない場合は、Windowsのログインユーザー設定を行うか、パスワード保護共有機能を無効にする必要があります。

3. ログイン・ユーザー名を変更した

アップグレードしたときに、ログインユーザー名やパスワードを変更した場合は、スキャンデータをファイルへ送信することができません。

変更した場合は、複合機でもユーザー情報の変更が必要になるので覚えておきましょう。

リコーの複合機の場合は、複合機のディスプレイにあるシステム初期設定の管理者用設定より行うことができます。

Windows10でスキャンできない時に試してほしい3つの解決策

Windows10にアップグレード後、もしくはWindows10搭載のパソコンに切り替えてスキャンが使用できないときは、これからご紹介する4つのポイントを実行してみましょう。

1. 「ネットワーク検索」を有効にする

パソコンのネットワーク検索が有効になっていますか?

ネットワーク検索が有効になっていないと、複合機が認識することができないので確認しましょう。

確認方法は、次の流れを参考にしてくださいね。

  1. Windowsのスタートボタンを開く
  2. 設定を選択
  3. ネットワークとインターネットを選択
  4. ネットワークと共有センターを選択
  5. 共有の詳細設定の変更を選択
  6. 「ネットワーク探索を有効」にするに印を付ける

もし、すでに有効になっている場合は、他の2つのポイントを試してみましょう。

2. 「SMB1.0」を有効化する

複合機とパソコンによって、SMB1.0という機能でデータの送受信を行っていることがあります。

そのため、SMB1.0が無効になっていると、複合機とのやり取りができないので次のような流れで確認が必要です。

  1. コントロールパネルを開く
  2. プログラムのアインストールをクリック
  3. 「Windowsの機能を有効化または無効化」を選択
  4. 「SMB1.0/CIFS File Sharing Suport」の+をクリック
  5. 「B 1.0/CIFSのClient Server 自動削除」に3行すべてチェックを入れる
  6. OKをクリック
  7. 設定完了後はPCを再起起動する

Windows10では、SMB1.0の設定が無効になっていることもあり、これが原因でスキャンができないという声も多くあります。

3. プライベートネットワークの設定を確認する

次のような流れで、プライベートネットワークの設定を確認してください。

  1. Windowsのスタートボタンを開く
  2. 設定を選択
  3. ネットワークとインターネットを選択
  4. 上部に並ぶ3つのアイコンをチェック
  5. 真ん中のアイコン下に「プライベート」の設定を確認する
  6. 「パブリックネットワーク」の場合、接続プロパティの変更を選択
  7. プライベートの印を選択する
  8. 設定のウィンドウを閉じる

ネットワーク設定では、パブリックネットワークが外部からの通信を遮断、プライベートネットワークが外部の通信も受けるといった設定になります。

ネットワーク設定がプライベートではなくパブリックの場合、複合機からの送信を遮断してしまい、スキャンデータがファイルに送信できないということもあるので、注目しておきましょう。

4. 複合機・コピー機の設定を確認する

複合機・コピー機の設定の確認もしておきましょう。

「Windows10でスキャンできない主な3つの原因」でもご紹介したように、パソコンのパスワードやパスを変更した場合、複合機・コピー機の設定も変更しなければ、ファイルに送信することができません。

「パソコンのパスワード・パス変更=複合機の設定の変更」を徹底しましょう。

フォルダの共有が有効になっているかも合わせてチェック!

複合機から送信されたスキャンデータをパソコンへ保存するときには、保存先のフォルダの共有化が必須になります。

なかなか改善しないといった場合、保存したいフォルダが共有になっていて、フォルダ内のファイルの変更・読取りが可能かどうかも確認してみましょう。

また、共有かどうか確認する流れや新しく保存先フォルダを作成する流れは、以下のようになるので参考にしてくださいね。

  1. スキャンデータを保存するフォルダを作成する
  2. フォルダを右クリックして「プロパティ」を選択する
  3. 詳細な共有を選択
  4. 「このフォルダを共有する」にチェックを入れる
  5. アクセス許可ボタンをクリック
  6. 「グループ名またはユーザー名」で「Everyone」の選択を確認
  7. 画面下のアクセス許可項目で「フルコントロール」にチェックを入れる
  8. 「変更・読み取り」にチェックが入り完了

新しくフォルダを作成した場合は、そのフォルダにスキャンデータを保存するよう、複合機でも保存先フォルダの設定が必要です。

実際によくある!パスワード保護設定による改善方法を具体的にチェック

Windows10にアップデートした際にスキャンが使えなくなった場合は、以下の手順を確認しましょう。

1.右下のネットワークを右クリック
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

2.ネットワークと共有センターを開く
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

3.左側の「共有の詳細設定の変更」をクリック
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

4.1番下にあるすべてのネットワークの矢印を押す
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

5.「パスワード保護の共有を無効にする」を選択する
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

6.「変更の保存」を押す
アップデートによりスキャンが使えなくなった時の対処法

以上の設定を行って頂ければ、スキャンが使えるようになる可能性大です!

一度確認してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、Windows10にアップグレード際にスキャンデータが送信できなくなる原因や、解決策についてご紹介しました。

ポイントとしては次の3つになります。

  • 複合機がWindows10に対応しているか確認しよう
  • ネットワーク検索を有効にし、プライベートネットワークへ設定する
  • 保存先のフォルダが共有化されているか確認

「どうしてスキャンデータが保存できないのかわからない」
「スキャントラブルの改善方法を知りたい」

といった方は、この記事を参考にぜひ実践してみてくださいね。

それでも解決しない・・・といった方は、下記の番号までご連絡ください!

オフィ助では、複合機などに関したお悩みや疑問にもお答えいたします。

コメント