最強オンデマンド機 iridesse production press
メーカー・機種FUJIxerox

FUJIXEROX(富士ゼロックス)Iridesseのスペック仕様と価格まとめ

オフィスの複合機の中では老舗ともいえる富士ゼロックス。

富士ゼロックスが提供するオンデマンド機として、多彩なカラー表現が可能な「Iridesse production press(イリデッセ プロダクション プレス)」が発売されています。

Iridesse(イリデッセ)に注目をしている人の中には、

「Iridesseってどんな特徴があるの?」
「Iridesseを実際に使用している人の口コミを知りたい」

という方もいます。

そこで今回は、Iridesseの特徴やスペック、そして参考価格など詳しくご紹介しましょう。

これを読めば、他の複合機にはないIridesseの魅力がわかりますよ。

ぜひ読みすすめて参考にしてくださいね。

Iridesse(イリデッセ)は最強のオンデマンド機

iridesse production pressの外観

Iridesse(イリデッセ)は、名前の元となった“Iridesse”(貝殻のように光や見る角度によって変化する色彩を意味する)の言葉の通り、印刷にメタリックカラーを採用するなど、高品質の印刷表現は印刷業界初ともいわれています。

Iridesseは最高峰ともいわれるオンデマンド機ですが、そもそもオンデマンド機とはどういった機種なのか、ご紹介しましょう。

オンデマンド機とは?

オンデマンド機とは、高細密のトナーを利用したレーザープリンターのことをいいます。

オンデマンド機には次の3つのような特徴があります。

  • トナーの再現領域が広く高画質を表現することが可能
  • 再現性が高い
  • レーザー印刷で生産性が高い

オンデマンド機は、今までの複合機・コピー機に比べ、高画質で高クオリティな複合機になります。

Iridesseの知って役立つ製品情報

高画質を誇るIridesseが持つ簡単な製品情報は次の表にまとめました。

製品名 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)
読み取り解像度
書き込み解像度 2400×2400dpi
階調 各色256階調(1670万色)
ウォームアップタイム 420秒以下
連続複写速度
※A4サイズの場合
  • 白黒:120ページ/分
  • カラー:120ページ/分
大きさ(mm) 幅2995×奥1104×高さ1835(排紙オプション除く)
質量 約1540kg
機械占有寸法(mm) 幅4475×奥行3436(最小構成)
発売日 2017年11月

書き込み解析度が2400×2400dpiと高く、プリントビジネスや色の発色の表現を重視する仕事の方にはとても魅力的です。

PC上で作成した画像など、色を忠実に再現することが期待できます。

高画質でありながらカラー連続複写速度が120ページ/分とは、やはりレーザープリンターの驚異的な生産性を物語っていますね。

ただ、機種自体の大きさは通常の複合機よりもはるかに大きいため、設置場所などを検討する必要があり、法人向けの機種と言えます。

Iridesseの評価すべき3つの特徴

Iridesseの魅力は、数えきれないほどありますが、ここではたった3つに厳選してご紹介します。

他社にはない強みでもある魅力なので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 特殊トナーで多彩色が印刷可能

Iridesseは、世界最小クラスの低温定着トナー“Super EA-Eco”の開発によって、特殊トナーなど6色を重ねて用紙に定着させる、業界初の「1パス6色プリント」を実現。

また、最大2色の特殊トナーを搭載可能にしています。

各Iridesse production pressシリーズの特殊トナーの配色については、次の表を参考にしてください。

機種
Iridesse ProductionPress
特殊トナー
上刷り 下刷り
Model-4C
Model-6C-A いずれか1色

  • ゴールド
  • シルバー
  • クリア
  • テクスチャード紙
ホワイト
ホワイト どちらか1色

  • ゴールド
  • シルバー
Model-6C-B どちらもホワイト
Model-6C-C いずれか1色

  • ゴールド
  • シルバー
  • クリア
  • テクスチャード紙
どちらか1色

  • ゴールド
  • シルバー

CMYKトナーの他に、ゴールド・シルバー・クリアの特殊トナーを組み合わせることによって、光輝性のあるメタリックカラーの印刷ができるようになりました。

メタリックカラーは「1パス6色プリント」で色を重ね合わせることにより、ゴールドやシルバーだけではなく多彩な表現が可能です。

より繊細で高画質な表現が可能となっています。

白トナーとクリアトナーでCMYKを鮮やかに表現

一般的な複合機では、白トナーやクリアトナーはなく、濃色用紙の印刷には不向きな面もありました。

しかしIridesseは、白トナーやクリアトナーを採用することによって、用紙の色に左右されることなく発色のいい印刷をすることが可能です。

このほかにも印刷には次でご紹介するような魅力があります。

2. 高い解像度で圧倒的な印刷クオリティ

Iridesseの書き込み解像度は2400×2400dpiと、業界でもトップクラスの高画質となっています。

文字や細い線などは、ジャギーを抑えるスクリーン処理ではっきりと見やすく表現でき、グラデーションなどの色彩も綺麗に表現できます。

3. 様々な厚みの用紙に対応

紙の厚さは52g/m²~400g/m²まで対応しているため、チラシから名刺やハガキの厚さまで印刷可能です。

用紙はハガキよりも小さい98×148mmや、最大330×488mmまで対応なので、より多くの種類の印刷ができるなど、クリエイティブな仕事をしている人にも魅力的ですね。

Iridesseのひと目でわかる機能・スペック表

次に、Iridesseのスペックを次の表にまとめたので確認してみましょう。

最大原稿サイズ A3
カラー対応 フルカラー
コピー機能
両面コピー機能
プリント機能
給紙方式/給紙容量 2100枚×2トレイ
※オプション追加で最大12850枚
フィニッシャー機能
※オプションで追加可能
Mac対応
メモリ・RAM
※コントローラー
32 GB
記憶装置
※コントローラー
ハードディスク:2TB(System)+2TB×5(RAID0)/DVD Multiドライブ

フィニッシャーをつけると、さらに、折り目の位置を変更できる「天地トリマークリーサーD2」をオプションで付帯できます。

印刷から裁断まで行ってくれるので、印刷物が大量にあるオフィスでは効率化を図ることができます。

Iridesseの気になる実際の価格

さまざまな特徴やスペックをご紹介してきましたが、Iridesseの価格が気になりますよね。

各機種別の価格を次の表にまとめました。

 機種
Iridesse ProductionPress
本体価格 搬入料金
Model-4C 39,000,000円 80,000円
Model-6C-A 45,000,000円 80,000円
Model-6C-B 45,000,000円 80,000円
Model-6C-C 45,000,000円 80,000円
※税別価格

価格を見ただけで、驚いたという方もいますよね。

Iridesseは、富士ゼロックスの技術を全て注ぎ込んだ最高峰ともいえる機種です。

印刷技術やIridesseが持つ再現力などを考慮すると、この価格も頷けます。

オペレーターふきだし
「iridesseが気になるけれど高くて導入を悩んでいる」という方は、ぜひオフィ助までご相談ください。

Iridesseのよくある3つの質問

ここでは、Iridesseのよくある疑問3つについてお話ししましょう。

封筒の印刷や、カラースウォッチについても触れていくので確認してみてくださいね。

1. 封筒の印刷に適している?

Iridesseは封筒サイズにも対応しています。

厚さに関わらず、最高120枚/分の高速プリントを実現することが可能です。

顧客などへ大量に封書を送る場合、宛名を印刷することで業務の効率化を図ることができます。

2. 長尺の用紙も印刷可能?

長尺用紙は、以下のオプションをつけることによって印刷ができます。

  • 長尺用手差しトレイ
  • 長尺用給紙ガイド
  • 長尺用給紙延長キット

オプションを搭載することで、

  • 片面:330×1200mm
  • 両面:330×729mm

の長尺印刷が可能です。

3. カラースウォッチを確認したいときは?

Iridesseは多彩な色を表現できるため、カラースウォッチを提供しています。

富士ゼロックスのIridesse公式ページより、シルバーメタリック用・ゴールドメタリック用の2種類をzip圧縮ファイルで利用することができるので、利用してみてくださいね。

オフィ助担当者が教えるIridesseの豆知識

展示会で非常に存在感を放っていた機械、それが『iridesse production press』というオンデマンド機です。

オンデマンド機だけあって、非常に様々なことができるのは勿論なのですが、衝撃を受けたのがその画質のよさです。

圧倒的といっていいほどの高画質です。2,400×2,400dpiという数値は勿論、数値以上の鮮やかさでした。

特にゴールドが非常に綺麗で、他社でこのレベルの色合いを出せる機種はないのではないでしょうか。

また、展示会場では白色トナーの印刷見本もあったのですが、これがまた綺麗。まるで筆で描いたかのような精細さでした。

会場にいた人からも、印刷業の人に怒られるんじゃないのと声があがってました。

試しに色見本を写真でとってみたのですが、すいませんカメラでは全く伝えることができませんでした。

OPEN GATEWAY 2017

これは実物を見て頂かないとどうしようもありません。

とはいえ、こんな高価なスーパーマシン大半の方が関係ないこととお思いかもしれません!

でもそんなことないんです!

この機械で使っているトナーも普通の業務用複合機のトナーに近しいものを使っているんです。

そのため、こうした機種の発展はひいては業務用複合機の画質の向上にもつながるのです。

もしかしたら、数年後の業務用複合機はこの機械のような超高画質になっているかもしれないですね。

Iridesseを実際に導入している人の口コミと評判

Iridesseは決して安いものではないので、慎重に検討する必要があります。

そこで、検討材料として、Iridesseの口コミをご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

40代 広告代理店社員

クライアントにPCで作成した印刷物を見せる機会が多いので、色を細部まで多彩に表現してくれる点が助かっています。

広告の印刷などを依頼されることもあり、クオリティーをそのままに大量印刷ができるので、下手に他の印刷会社に依頼するよりも満足です。

30代女性 会社員

写真を印刷することも多いので、画質がいいのは魅力的。

ハガキを顧客あてに大量印刷しなくてはいけない場合もあり、普通の文字文書であれば大量印刷も時間がかからないので、無駄な時間がなくうれしい点ですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は富士ゼロックス「Iridesse production press」の概要やスぺック、特徴など詳しくご紹介しました。

ポイントは次の3つになります。

ここがポイント
  • Iridesseは業界初の特殊トナーを採用
  • 1パス6色プリントで、多彩な色の表現を実現
  • 白トナーやクリアトナーを使用しクオリティーの高い発色が可能

「色を忠実に再現した印刷を大量に行いたい」
「発色に特化した印刷機を探している」

といった方は、Iridesseを検討してみてはいかがでしょうか。

「Iridesseは高額すぎて手を出せない、けれど高画質な複合機を探している」などといった場合は、ぜひオフィ助にご相談ください!

オフィ助ではさまざまな複合機・コピーなど、お客様のニーズに合わせてご提供させていただきます。

コメント