hp基礎知識Canon

プロッターとは?何ができる?おすすめ機種もご紹介♪

「プロッター」と聞いてすぐどんなものかイメージできる人は少ないのではないでしょうか。

 

しかし、プロッターは実はいろんな分野で使われています。

そんなプロッターの特徴や種類について知っていきましょう!

 

プロッターとは

プロッターは、紙の上に図を描いて出力・カットするための装置で、なめらかな線を引くことができます。

プリンターよりも大きな用紙に出力できるため、図面やポスター作成時に利用されることが多いです。

 

プリンターとの違い

プリンターば点、プロッターは線で表現するという部分が一番の違いです。

プリンターでは、用紙にマス目があると仮定して文字や画像をドットで表現します。

 

一方、プロッターでは文字が画像を直線や曲線の集合として表現するので、プリンターよりもなめらかで自然な線が引けるのです。

 

しかし、最近はプリンターの性能が上がり、線をなめらかに描けるようになってきています。

そのため、大判プリンターがプロッターの役割を果たすことが多く、プロッター=大判プリンターと認識されるようになっているのです。

 

プロッター(大判プリンター)は何ができるの?

描画

読み込んだデータを元に、用紙に図面や画像を描画します。

細かな線や直線・曲線も違和感なくなめらかに表現できます。

 

カラー印刷可能なものは、キレイな色味を表現することができます。

 

カッティング

カッティングプロッターであれば、ヘッダーに取り付けてあるカッターで描画に合わせてカットすることができます。

正確でキレイなカットを行うことができます。

 

プロッターの種類

プロッターにはいくつか種類があり、ものによって得意とすることが違います。

それぞれの違いを見ていきましょう!

 

ペンプロッター

ペンを使って線を描画するタイプのプロッター。

ペンにはインクペン・ボールペン・シャープペンなどが用いられます。

 

ペンプロッタ―の中でも、用紙を水平方向に固定し、ペンを縦と横に動かすことで線を描くものは「X-Yプロッター」と呼ばれています。

 

ラスタプロッター

出力時に、ベクターデータ(数値データ)をラスタデータ(ドットの集合)に変換するタイプのプロッター。

出力機構がプリンターに近く、インクジェット・レーザー・感熱式・静電など出力方法が多彩です。

 

カッティングプロッター

ペンの代わりにカッターを装備していて、紙・フィルム・シールなどをカットすることができるタイプのプロッター。

真っすぐカットするだけではなく、印刷物の輪郭に合わせてカットすることもできます。

 

カッティングプロッターはさらに3種類に分けられます。

 

グリットローリングタイプ

ローラーが付いており、用紙を動かして描画するもの。

用紙を広げる必要がないため、コンパクトサイズのものが多いです。

 

また、大きなサイズの用紙に対応しています。

 

フラッドヘッドタイプ

大きな台に用紙を置き、ヘッドを上下左右に動かしながらカットするもの。

グリットローリングタイプよりも使い方が簡単で、より細かい部分まで正確にカットできます。

 

以前はプロッターと言えばこれが主流でした。

しかし、台が必須となる分置く時に広いスペースが必要になります。

 

小型タイプ

サイズが小さく家庭でも使えるのが特徴です。

本体が小さいので利用できる用紙の大きさも制限がありますが、簡単に使えていろんなシーンで重宝します。

 

プロッタ―利用のメリット

プロッタ―のことがだんだん分かってきたと思いますが、「複合機あるんだけど、プロッタ―を会社に導入するメリットって何?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

 

では、プロッタ―を導入するメリットをご説明します。

 

大判サイズの用紙を印刷できる

複合機では、商業施設にかかっている垂れ幕ほどのサイズの印刷ができるものはなかなかありません。

プロッターや大判プリンターは、A0サイズやB0サイズなどのかなり大きなサイズの印刷を得意としているため、大判サイズの印刷が多い場合はプロッターがおすすめなのです。

 

【用紙サイズの比較】

用紙サイズの比較画像

画像出典元:size.com

 

尚、ただ大きいサイズの印刷ができるというだけでなく様々な特殊紙に対応しているため、加工用紙の印刷が多い場合も活躍します。

 

自由で会社色の溢れる印刷物を簡単に作れる

プロッターが会社にあれば、自分たちで好きにデザインしたポスターやステッカー、広告を作ることができるため、自社の色を出したデザインのものを造ることができます。

 

外注コストを削減できる

通常、大きな広告や特殊紙の印刷は外注して作ってもらうことが多いと思います。

しかし、プロッターが会社にあればそのような広告物を内製化できるため、外注コストがかからず経費削減に貢献できます。

 

プロッターはどんなところで使われている?

建築現場

プロッターでは1枚の大きな紙に細かな製図を印刷できるため、地図やCADで製図した図面作成時に活用されています。

精密な表現が必要となる図面や地図において、細かな部分もしっかり再現できるプロッタ―は信頼度が高いのでしょう。

 

学校

ポスター作成や濡れても平気なようにラミネート加工が必要な印刷物を扱う際にプロッタ―が活躍します。

横断幕や表彰状など、特殊なものの印刷もできるので重宝します。

 

お店のロゴ

お店のロゴをプロッターでカッティングシートにして扉に貼ることができます。

入ってくるお客様にとってもお店の名前が分かりやすいですし、なによりオシャレですよね。

 

ステッカー作り

プロッターではシールを作ることもできるので、ステッカーも簡単に作ることができます。

お店のステッカーを作るもヨシ、私用で好きなデザインのステッカーを作るもヨシ。

プロッタ―があれば特殊加工も行うことができるのです。

 

量販店・商業施設

大きめのポスターやのぼり、床広告を印刷することも可能です。

プロッタ―が1台あれば、商業施設の広告のほとんどを印刷することができてしまうのです。

 

 

オペレーターふきだし

このように、プロッタ―は今や建築現場の図面だけではなく、いろんな場所で活用されているのです。

この機会に、あなたの会社でもプロッタ―導入のメリットを考えてみてくださいね♪

もしかしたら、プロッタ―を導入することで販促やコスト削減に繋がるかも…!?

 

おすすめのメーカー

プロッタ―を取り扱っているメーカーはいくつかありますが、その中でもオフィ助のおすすめをご紹介します。

ぜひ参考にしていってください。

 

HP

HP プロッター画像

HPは、ノートパソコンやデスクトップ、プリンターなどを扱っているアメリカの会社です。

国内パソコンシェア1位を獲得しており、日本でも知らない人は少ないでしょう。

 

そんなHPでも大判プリンターを販売しています。

  • CADやポスター・写真など多彩な使い方ができる「Design Jet大判プリンター
  • 屋外ポスター・車両ラッピング・電飾看板など、特殊サイズのものを印刷するのに適している   「HP Latex」
  • 鮮やかなカラーを長期間継続することができ、スポーツウエアなどファッション関係に使うことができる「HP Stitch」

 

HPでは、特殊製品の印刷が可能な大判プリンターを用意しており、用途に合わせて選ぶことができます。

 

キャノン

キヤノン プロッター画像

カメラ・ビデオをはじめとする映像機器、プリンターや複合機などの事務機器などを販売している大手精密機器メーカー。

そんなキヤノンでも、大判プリンターを取り扱っています。

 

大判プリンターの中でもいくつかの種類に分かれており、

小規模オフィス向けのコンパクトなもの・高速プリントを得意とするもの・高画質で色再現性に優れたものなど、用途に合わせて機種を選択できます。

 

キヤノンの場合、1年間の無償サポートやスポット修理サービスなど、サービス面も充実しています。

 

武藤工業株式会社

武藤工業株式会社 プロッター画像

武藤工業株式会社は、東証一部上場企業であるMUTOHホールディングス(株)の中核企業としてプリンターやプロッター、3Dプリンターなどを展開するグローバル企業。

海外との取引も多く、国内外で幅広く活躍しているそうです。

 

武藤工業株式会社では、カッティングプロッターとCAD用プロッターを展開しています。

低価格でありながら高い機能性を持っているのが特徴です。

 

どのような用途で使うかで、どのメーカーが良いか考えてみてくださいね!

 

オフィ助でもプロッターを取り扱っています

オフィ助では、上記3メーカーのプロッターを取り扱っています。

 

どの機種がいいか分からない場合も、オフィ助スタッフがヒアリングをしてお客様の会社にピッタリのものをご提案いたします。

その他、プロッターについて気になることがある場合はお気軽にご連絡ください!

 

知識豊富なスタッフが丁寧にお答えいたします♪

 

 

コメント