これからはOffice365!安心クラウドサービス
お役立ち情報

Office365 Businessで仕事効率化!おすすめしたい3つの理由を解説

従来利用しているOfficeは、2020年でサポートが修了してしまいます。

そこで注目を集めているのが、中小企業向けに提供されている「Office365 Business」です。

しかし、

「Office365 Businessとはどういったものなのか」
「今までのOfficeに比べ、どう違うのか」

など疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで今回は、Office365 Businessの概要やOfficeとの違い、契約方法など詳しくご紹介していきましょう。

これを読めば、Office365 Businessを仕事効率化に活かせるポイントを理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

Office365 Businessは法人向けのクラウドサービス

マイクロソフト社が新しくスタートしたサービス「Office365」は、複数のプランが用意されています。

その一つが、今回ご紹介するOffice365 Businessです。

こちらは法人向けのサービスとなり、主な特徴は以下のとおりになります。

  • ネット上でoffice製品を管理できる
  • Word・Excelなどのアプリをセット提供
  • 利用期間のみ料金発生

このように従来のOffice製品と異なり、クラウド上でOfficeサービスのデータを管理できるほか、支払も課金制となっています。

また法人向けとして提供されていますが、個事業主の利用も可能です。

従来OfficeとOffice365 Businessの違いを比較

これまで使用していたパッケージ型のOffice製品とOffice365 Businessはどう違うのか、下記の表で確認していきましょう。

従来のOffice Office365 Business
利用方法 買取 定額制
契約形態 永久 年間
料金 32,184円~ 900円~
(ユーザー/月)
利用環境 ローカル クラウド
同時利用台数 2台 15台
アップグレード 非対応 対応
サポート 2020年10月13日まで 契約期間内

ライセンスの期間や支払い方法など、さまざまな点に違いがあります。

Office365 Businessは利用した期間に合わせて料金やサポート体制が適用されるので、従来のOffice製品よりも柔軟性が高いと言えるでしょう。

Office365 Businessが展開するプラン3種類の特徴や価格を比較

Office365 Businessには、選べる3つのプランが用意されています。

実際に、下記の比較表で3つの違いを確認していきましょう。

料金
(ユーザー/月)
officeアプリ その他サービス
Office365
Business
900円/月
(年間契約)
  • Access
  • Excel
  • Word
  • Outlook
  • PowerPoint
  • Publisher
  • Word
OneDrive
Office 365
Business Premium
1,360円/月
(年間契約)
  • Access
  • Excel
  • Word
  • Outlook
  • PowerPoint
  • Publisher
  • Word
  • Exchange
  • OneDrive
  • SharePoint
  • Teams
Office 365
Business Essential
540円/月
(年間契約)
  • Exchange
  • OneDrive
  • SharePoint
  • Teams

各プランでそれぞれサービス内容に違いがあるので、自分のオフィスに合ったものを選んでみてくださいね。

Office365Businesの特徴を3つのポイント別に解説

Office365 Businessにはさまざまな魅力がありますが、中でも特徴的な3つをご紹介しましょう。

仕事効率化に活かせるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. 最大15台のデバイスにインストールできる

Office365 Businessでは、ライセンス契約をすることによって、スマホやタブレットといった複数のデバイスでOfficeアプリを利用することができます。

実際に1ユーザーで利用できるデバイスの数は、以下のとおり。

  • PC(Mac・Windows)…5台
  • タブレット…5台
  • スマホ…5台

タブレットを紐づけすることで、外出先や自宅での仕事にも役立ちますね。

2. いつもで最新版Officeアプリを利用できる

従来のOffice製品は買い切りタイプのため、最新のOfficeを利用する場合は買い替える必要があります。

しかしOffice365 businessは使用月のみ料金が発生する更新制です。

そのため常に最新バージョンのOfficeを利用できます。

3. 「OneDrive」の容量が1TBになる特典付き

Office365 Businessは、すべてのプランにOneDriveの容量が1TBになる特典がついています。

1TBあれば、容量の大きいファイルの共有問題なく行えるでしょう。

また外部ストレージを使用することによるセキュリティ―の危険性を回避できるので、非常に便利なサービスです。

オペレーターふきだし
OverDriveとは、Dropbox(ドロップボックス)のような役割を果たすマイクロソフト社の無料アプリ。

1つのアカウントで保存したファイルを複数の端末で利用できます。

Office365 Businessプランを中小企業におすすめしたい3つの理由

ここではOffice365 Businessを導入してほしい3つの理由を見ていきましょう。

Office365 Businessを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 会社のOffice環境を管理しやすい

前述したように、Office365 Businessは常に最新のアプリを利用できます。

そのため社内のIT担当者も各PCのソフト管理が楽になりますね。

また常に利便性の高い状態で作業できるので、仕事効率化を望めるでしょう。

2. サブスクリプション形式でコスパ抜群

Office365 Businessは定額制のサブスクリプション型が採用されています。

月単位でライセンス契約の増減を調整できるため、社員の入社・退職に合わせて変更も可能です。

無駄なコストの削減も望めるでしょう。

3. MacやWindowsともに1つのライセンスでOK

会社によっては、使っているパソコンがMacやWindowsが混在しているといったケースもあります。

今までMacユーザーがOfficeを使用するときは、「Office for Mac」のライセンス取得が必要でした。

Office365 Businessなら、1ライセンスでWindowsとMac向けのOfficeアプリを利用することができます。

またパソコンを買い替えても自分のライセンス情報を入力すれば、いままで通り利用することができます。

Office365 Businessの契約方法を10のステップで解説

ここでは実際に、Office365 Businessの契約方法を説明していきましょう。

その手順は次のとおりです。

  1. マイクロソフトの公式サイトにアクセス
  2. Office365 Businessの「今すぐ購入」をクリック
  3. 氏名や勤務先の情報を入力する
  4. ユーザーIDとパスワードを設定する
  5. 電話番号を入力して「メッセージを自分に送信」をクリック
  6. SMSで受け取った認証コードを入力
  7. 住所を登録する
  8. プラン内容の料金を確認する
  9. クレジットカードの情報を入力する
  10. 完了

すでにMicrosoftアカウントを持っている場合でも、新規で専用のアカウントを作成する必要があるので覚えておいてくださいね。

インストール方法も合わせて確認

Office365 Businessの契約が済むと、Officeアプリをダウンロードできます。

こちらの手順は、次のとおりです。

  1. マイクロソフトのアカウントにサインインする
  2. パスワードを入力する
  3. 「Officeアプリのインストールする」をクリック
  4. ユーザアカウント制御で「はい」を選択
  5. 準備がはじまり15分ほどでインストール完了

アプリをインストール後はライセンス認証が必要になります。

一般法人向けOffice365 Businessの支払い方法カード決済

Office365 Businessの決済方法は、クレジットカードのみです。

使用できる国際ブランドは次の3種類になります。

  • VISA
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス

支払い方法は、月もしくは年単位のどちらかお好きなほうを選択できます。

まずは1ヵ月間無料の試用版Office365 Businessでお試し!

従来のOfficeを使用している方の中には、Office365 Businessに抵抗を感じる方も少なくありません。

そこで利用してほしいのが、1カ月の無料お試しです。

申込方法としては簡単で、たったの4ステップです。

  1. Office365 Businessの申込ページより、1カ月無料で試すを選択
  2. メールアドレスを入力しアカウントのセットアップ
  3. 氏名や会社名を入力
  4. 仕事用のIDの作成
  5. Officeのインストール

お試し版では、25人までのユーザーを設定することもできます。

30日以内での解約もできるので、Office365 Businessの利便性を堪能してから導入を検討するのもおすすめですよ。

試用版を解約するときの手順

ここでは試用版を解約する方法を説明していきましょう。

  • Microsoft365の管理センターにアクセス
  • 画面左のナビゲーションから「課金情報」→「製品とサービス」を選択
  • Office365 Business 試用版から設定操作を選択
  • サブスクリプションの取り消しをクリック
  • 完了

このように解約手順も簡単に行えるので、まずはお試しで利用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、Office365 Businessの概要や、プラン、契約の仕方など詳しくお話ししました。

ポイントとしては次の3つがあるので、覚えておいてくださいね。

ここがポイント
  • Office365 Businessは法人向けのクラウドサービス
  • サブスクリプション形式でコスパがいい
  • 1ヵ月間無料もできる

「Office365 Businessを詳しく知りたい」
「新しくPCを導入するので、OfficeかOffic365businessのどちらにしようか迷っている」

といった方は、この記事を参考にぜひOffice365 Businessの検討をしてくださいね。

オフィ助では、オフィスに関したPCや複合機・コピー機の疑問にもお答えしています。

お問い合わせだけでも構いません!

下記までお気軽にご相談ください!

コメント