働き方改革ビジネスツール

【画像あり】Chatworkを知りたい人必見!使い方や知られざる機能、評判など

近年様々なコミュニケーションツールが登場していて、導入する際に悩んでしまいますよね。

「導入したのに使いにくいな…」

「たくさんある機能を使いこなせていない」

このようにならないように、導入した/しようとしているツールの特徴や機能を把握しておくことが重要です。

今回は、 Chatwork(チャットワーク)について詳しく説明していこうと思います!

気になっている方もすでに導入している方もぜひ見ていってくださいね。

ここが魅力!Chatwork(チャットワーク)の特徴

チャットワークは現在約27万社で導入されており、導入企業の中には大和証券やKDDI、GMOなどの大手企業も多数存在しています。

また、BOXILという情報サイトで行われている「BOXIL SaaS AWARD2019」では、「スマートシンキング」「オーナーシップ」「コラボレーション」「スピード」の向上に総合的に貢献している企業として「High SOCS賞」を受賞しています。

つまり、チャットワークは多くの企業に満足され使われ続けているコミュニケーションツールなのです!

見た目もシンプルで操作が分かりやすいため、機械が苦手な人でもすぐに操作を覚えることができますよ♪

スラックとの違いは?

同じく人気のあるコミュニケーションツールであるSlackとの違い、気になりますよね。

無料版での相違点を表にしたので、ご覧ください。

Chatwork Slack
タスク管理 ※1
外部連携 〇IFFT登録で600以上 〇10件※2
作成可能チャンネル数 14個 無制限
サポート メール カスタマーサポート/メール

※1:外部ツールと連携すれば可能
※2:有料版の場合は2000以上連携可能

価格での違いは以下になります。(年間払いの場合)

1ユーザー/月 1段階 2段階 3段階
Chatwork 400円 500円 800円
Slack 850円 1600円 要相談

 

違いがはっきり出てくるのは価格の部分ですね。

無料版であればChatwork(チャットワーク)の方が外部連携可能数が圧倒的に多いようです!

機能一覧

Chatwork(チャットワーク)にはどんな機能が付いているのでしょう。

便利な機能を色々ご紹介します! 導入する際に参考にしてくださいね。

チャット機能

メインの機能です。

自分だけが見ることができる「マイチャット」、1対1でやり取りできる「個別チャット」、複数の人とやり取りができる「グループチャット」の3つがあります。

チャットでは文字だけでなく絵文字でも反応できるので、素早く反応したい時に役立ちます。

タスク管理機能

タスクの内容、期限(日にち・時間)、担当者を決めて保存することが出来ます。

タスク登録画面

タスクを追加するとページ右上の「タスク管理アイコン」に数字で表示してくれるため、タスクのやり忘れを防ぎます。

タスク管理画面

「タスク管理」では、未完了タスクと完了タスクを確認することが出来るため、頭が整理されて作業効率が良くなりますよ!

ただし、タスクの期限が切れても通知してくれる機能はまだ実装されていないので、その点はこまめにタスクの期限を確認するなどの工夫が必要です。

ファイル管理機能

ファイルを共有できるのはみんな知っていると思いますが、ファイルだけでなく写真も音声も、位置情報も送ることができるのです。

また、右上の「ファイル管理アイコンをクリックすると、今まで送ったファイル一覧を見ることが出来ます。

ファイル管理画面

ここから欲しいファイルを再ダウンロードできますが、

「ファイルを送った際の前後の会話を知りたいな。」という時には「追加時点に移動」をクリックすればそのファイルを送った時のやり取りに移動することができるのです!

追加時点へ移動の画像

 

また、あまり重くないファイルであれば、保存しなくてもプレビューを見ることもできますよ♪

メッセージ/ファイル検索機能 その地点へ移動できる

メッセージ検索では、表示したいメッセージのキーワードを入力すれば、「新着順」「チャット別」「ユーザー別」で検索したキーワードが入ったやり取りを表示してくれます。

メッセージに移動することが出来るので、前後のやり取りも見れますよ。

ファイル検索機能は、見つけたいファイル名を入力すれば表示してくれます。

「ファイル管理」と同様に、ダウンロードしたりメッセージに飛ぶこともできます。

ファイル検索の画面

 

ビデオ/音声通話

ビデオ通話、音声通話どちらか選んで通話することが出来ます。

ビデオ通話は、無料版では1対1のみですが、有料版では14人まで同時に通話できるようになります。

音声通話であれば、無料版でも100人まで同時通話できます。

通知機能

メッセージが届いたことを瞬時に通知してくれる機能です。

通知アイコンの画像

これを設定しておくとチャットが届いたことがすぐに分かるので、メールよりも相手とのやり取りをスムーズに行うことが出来ます。

自分宛のものだけ通知するようにしたり、グループごとに通知設定を変えることが出来るので、優先順位の高いものから反応することで効率UPです!

プロフィール設定

プロフィールを設定することが出来るため、自分の名前、トップ画、アイコン、メアド、所属組織、電話番号などを記入することが出来ます。

設定しておくと、外部の人と連絡を取る際には分かりやすくていいと思います。

パスワード設定

スマホアプリ版では、アプリを開く際にパスワードを設けることが出来ます。

設定方法は以下のようになります。

  1. アプリを開いたら、アカウントを押しプロフィール画面を表示します
  2. 「設定」を押します
  3. 設定画面の「TouchIDとパスコード」を押します
  4. パスコードロックをオンにします
  5. 4桁のパスコードを決めます(忘れないものにしましょう)
  6. 完了です

 

オフィ助ふきだし
強固なパスコードにしたい場合は「簡単なパスコード」をオフ、
TouchIDを設定したい場合は「TouchIDを使用」をオンにすればOK◎

・あまり知られていない便利機能・

概要

チャットワークには「概要」というメモのような枠が存在します。

概要の画像

これは、チャットの文章のように流れていかないので、グループ内で共有したい情報や、常に使用するページのURLや資料を載せておくことでさらに作業効率UPに繋がるのです!

気づいていない人も多いですが、ちょっとしたメモにも使えるのでとても便利です♪

メッセージ引用/リンク機能

チャットで送信した文章、相手から送信された文章を選択すれば、次に書く文章に引用することが出来ます。

メッセージ引用の画面

どの文章に返信しているのかが分かりやすくて会話がスムーズに運びますよ。

メッセージリンク挿入の画像

また、送信された文章にカーソルを合わせた際に右下に出てくるメニューの中の「リンク」をクリックすれば、その文章に飛ぶことができるリンクが作られます。

流れてしまった会話をもう一度書く手間が省けて、その前後の会話も同時に確認できるため、相手にも内容が伝わりやすくなります。

この機能はどんどん活用すべきです!

シェア機能

スマホでの機能ですが、共有したい記事や気に入った記事などをチャットワーク上でシェアすることが出来ます。

インターネットだけでなく、Twitterやエバーノートなどもシェアできるようです。

未読機能

メッセージを未読にする画面

「メッセージが来たから確認したけど、後でもう一度ゆっくりみたいな」と思うことはありませんか?

未読機能を使えば、一度見たメッセージを見ていないことにできます。

そうすると通知が復活するので、その後見忘れる心配がなくなります!

ミュート設定

ミュート設定画面

全ての内容を確認する必要のないグループってありますよね。

その場合は、このミュート設定が役立ちます。

ミュートにすると、自分宛のもの以外はそのグループでの投稿が未読で表示されなくなります。

自分が確認する必要のあるメッセージだけ通知されるので、メッセージをいちいち確認する手間がなくなりますし、自分宛はすぐに気づけるので便利です。

 

オフィ助ふきだし

このように、チャットワークには仕事上で使える便利な機能が盛りだくさん!

今まで気づかなかった人も、ぜひ使ってみてね♪

みんなの疑問を解消!使い方で気になることに答えます

今回は、知恵袋から探した悩みを解決しようと思います。

多くの人に役に立つものを選んだので、確認してみてください!

コンタクト(ユーザー)の追加方法は?

まずは、右上の人と+のマークをクリックします。

コンタクト追加画面

メールで招待する場合

チャットワーク未登録の人、登録はしているがコンタクトが繋がっていない人に送ることが出来ます。

招待メールと一緒に任意でメッセージも送ることができ、メッセージは招待メール内に表示されます。

メールで招待する場合の画面

ユーザーを検索する場合

ユーザー登録している人を、名前やチャットワークID、メールアドレスで検索することができます。

検索すると下に候補者がでてきますので、追加したい人を見つけたら「コンタクトに追加」を押せば完了です。

ユーザー検索画面

グループ内に招待したい場合

グループメンバーを追加する画面

グループチャットの右上の「+」ボタンを押し、自分のコンタクトに追加されている人の中からグループに追加したい人を選択することで追加することが出来ます。

招待リンクも表示されているので、それを個別チャットで送ることもできますよ。

グループから退席したい場合

歯車の設定ボタンを押して、「グループチャットから退席する」をクリックします。

グループから退席する場合の操作画面

退席するとグループ内のチャットが見れなくなり、再度参加する場合は参加メンバーに招待してもらう必要があります。

また、退席するとそのグループで設定していたタスクは削除され、送信したファイルも削除される可能性があるのでご注意ください。

自分が書いた文章を相手が編集することはできますか?

グーグルドキュメント・グーグルスプレッドシートで可能です。

チャットワークでは、移動せずにグーグルドキュメントとスプレッドシートを編集することができます。

また、受け取った相手も閲覧や編集が簡単に出来るため、一つの文章を上書きしたり編集する際におすすめです。

従業員のチャットを管理できるのか

エンタープライズプランという、管理に特化したプランでは可能です。

ただし、管理するのは行動が気になる人のものだけにしましょう。

全員分の管理は大変ですし、管理されすぎると従業員のストレスになる可能性が高いです。

通知設定はどうやるの?

ブラウザ:「デスクトップ通知」を設定すれば、通知を画面の右下に表示してくれます。

アプリ:通知機能のところで紹介したように、開いておけば数字で通知してくれます。

スマホなら、スマホ本体の機能で通知をどのように表示するか細かく決めることが出来ます。

実際どうなの?チャットワークの評判

導入を検討する際、やっぱり評判は気になりますよね。

実際に使った人の感想を見ることが決め手になったりします。

ここでは、実際に導入した人の良かった点、気になる点を紹介していきます。

ぜひ参考にして下さいね!

いい点

  • 直感的に使える見た目、操作方法(Slackより分かりやすい)
  • グループに途中から参加した場合でも、前の投稿を見ることができる
  • タスク管理がしやすい。相手のタスクも完了したら通知が届く
  • 外部の人ともやりとりしやすい
  • グループごとに話し合いがしやすい

気になる点

  • 重要な話でも、レスポンスが増えると流れていってしまいがち
  • ファイルの一括ダウンロードができない
  • 起動時の動作が重い
  • スタンプの種類が少ない
オフィ助ふきだし

導入している方の感想に多い点は以上のような部分みたいだね。

重要なチャットが流れてしまうことを防ぐには、メッセージリンク機能を使ったりマイチャットにコピーするなど、自分で工夫することが大事だよ♪

価格と使える機能

チャットワークの価格とそれぞれのプランでつかえる機能はどんなものがあるのでしょうか。

早速見ていきましょう。

フリープラン パーソナルプラン ビジネスプラン エンタープライズプラン
料金(1ユーザー/月) 0円 400円 500円(年契約)

600円(月契約)

800円(年契約)

960円(月契約)

コンタクト数 無制限 無制限 無制限 無制限
作成可能グループチャット数 14グループ 無制限 無制限 無制限
ビデオ通話 1対1 最大14人 最大14人 最大14人
音声通話 最大100人 最大100人 最大100人 最大100人
2段階認証
ストレージ 5GB 10GB 10GB/1ユーザー 10GB/1ユーザー
広告 表示 非表示 非表示 非表示
ユーザー管理 × ×

全て税抜き価格です。

※ビジネス=退職した社員のアカウントを削除できる
 エンタープライズ=社員のチャットログ・エクスポート・IPアドレス制限など細かい設定ができる

エンタープライズプランで可能なその他の機能

エンタープライズプランのその他機能一覧

エンタープライズプランは、主にユーザー管理やセキュリティ面に関しての機能が増加しています。

セキュリティ面を強固にしながらコミュニケーションツールを使いたい!という方にはおススメのプランになっています。

チャットワークを導入して効率UP♪

いかがだったでしょうか。今回は、チャットワークに焦点を当てて詳しくご紹介しました。

少しでも導入の足掛かりになれたら幸いです。

最後に、チャットワークがおすすめな会社の特徴をご紹介します!

こんな会社におすすめ!
  • 使い方の教育に時間を使いたくない
  • 操作が簡単で、分かりやすい見た目が良い
  • タスクが頻繁に発生する、タスクを管理したい
  • 社外の人ともやり取りしたい

 

上記を踏まえて、ぜひ導入してみてくださいね♪きっと仕事の効率を上げることができますよ。

スラックとLINEWORKSを詳しく説明した記事も挙げているので、ぜひ機能や価格を比較してみてください!

スラックの機能・評判など徹底解説!

LINEWORKSは使いやすい?特徴や評判などを紹介

コメント