働き方改革基礎知識選ぶポイントお役立ち情報

【オンライン会議ツール】cisco webexの特徴・価格など解説!

現在世界トップシェアのクラウド型会議システム「cisco webex meeting」

Zoomとwebexどっちを導入しようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メリットデメリットの紹介、zoomとの機能比較などをしながらwebexについて詳しく書いていこうと思います。

Webexのことを知りたい人はぜひ見ていってくださいね。

ciscoとはどういう会社?

シスコシステムズ(通称:cisco)は、アメリカ合衆国カルフォルニア州サンノゼに本社を置く世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社。

クラウドベースのIT管理ソリューションである「cisco meraki」やcisco UCSというサーバー、誰でも気軽に会議が開けるというコンセプトを基に開発された「webex teams」など、数多くの製品を世生み出しています。

2001年からテレワークを含めたワークスタイルイノベーションを推進してきた企業で、テレワークに役立つ製品を開発することでテレワークを導入したい企業を支援しています。

teamsとmeetingsの違い

2018年4月に、Cisco WebexとCisco Sperkが「Cisco Webex」に統合され、

その中の「Webex meeting」「webex teams」という2つのコミュニケーションクラウドサービスに生まれ変わりました。

そこで、この2つのサービス内容にはどんな違いがあるのかを説明していこうと思います。

Webex meeting

テレビ会議やウェブ会議などを主にした、クラウド型多地点接続会議サービス。

主催者が存在していて、その人が会議を開催し、コントロールを行うという今までのテレビ会議運用と同じものになります。

1つの会議に最大1000名まで参加可能(ビデオ端末は200台まで)で、アカウントを持っていなくても招待されれば会議に参加することが出来ます。

〈使用場面〉

  • 説明会
  • 大規模な発表会や会議
  • 進行の流れが決まっている会議
  • セミナー

Webex teams

グループやチームで作業やミーティングを行う際に使いやすいLINE的要素を含んだビジネスサポートツール。

テレビ会議機能に追加して、チャットやホワイトボード、ファイル共有機能などが使いやすいように作られています。

誰でも自由に好きな時に会議を始められるため、場所を選ばずに必要な人材を集めて話し合うことが出来ます。

最大75人まで参加できるため、大規模なプロジェクトでも重宝しますよね♪

〈使用場面〉

  • プロジェクトチームのミーティング
  • 少人数の会議
  • 大規模なプロジェクトの会議
  • 相手が近くにいない場合のインスタント会議

webex meetingの特徴

クラウド型ウェブ会議システムとして、Webex meetingにはどのような特徴があるのか知ることで、自分が欲しいものかどうか判断する材料が増えます。

また、他の会議システムと比較することもできるようになりますよ♪

ネット接続で利用できる

クラウド型のため、ネット環境があればどこにいても会議を開くことができます。

ネット環境が悪い場所では電話回線で会議に参加することができるようです。

様々な媒体からアクセス可能

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも会議参加が出来ます。

16か国語に対応

日本語、英語だけでなく、フランス語、イタリア語、韓国語、中国語など16か国語に対応しているため外国人との会話もスムーズに行えます。

セキュリティ体制がしっかりしている

会議参加者を自社のドメインやメールアドレスを持つ人だけに限定したり、PKI(公開鍵暗号方式)やSSO(統一

認証)で承認を得られないと入ってこれないようにすることが出来るなど、主催者がセキュリティ機能を細か

く設定することが出来ます。

また、通信経路の映像や音声、データは全て暗号化されており、データセンター内でも暗号化することで、端から端まで全て暗号化することもできるのです。

 

しかも、シスコ社内にはセキュリティと信頼に関する独立した組織があり、万が一セキュリティ面で何らかの弱体性が発覚した際はしっかり情報開示を行っているので信用できます。

Webex meetingは、FISC(The Center for Financial Industry Information Systems:公益財団法人金融情報システムセンター)という、セキュリティが特に厳しい金融情報システムの安全基準を満たしているため、堅牢性も高く安全であると言えます。

ZoomとMicrosoft Teamsと比較しても圧倒的なセキュリティ体制を持っているようです。

 

幅広いドキュメントを共有できる

Word、Excel、PowerPoint、JPEG、MPEGなど、様々なドキュメントを参照し、参加者と共有することが出来ます。(PCのみ)

資料配布が可能

会議の前に資料を配ったり、会議後に議事録や使ったPowerPointを配信することが出来ます。

 

 

オフィ助ふきだし
この他にも録画機能やアンケート機能など、会議やセミナーで使える機能がたくさんあるためチェックしてみてくださいね。

第三者目線から見たwebex(評判)

実際に使ってみた人からの意見はぜひ聞いておきたいですよね。

そこで、多くある口コミの中からよく言われている点を良い部分と悪い部分に分けてご紹介していきます。

アプリの評価もあるので載せておきます。

≪良い点≫

・招待される側は登録をせずに参加することが出来る

・通信が安定している

・海外ではメジャーな製品のため、海外とのやり取りがしやすい

・見た目がシンプルで分かりやすい

・参加者全員が資料共有、書き込みができる

 

≪悪い点≫

・音質が悪い、音声が途切れることがある

・立ち上がりが遅い

・音声デバイスの設定が分かりずらい

・会議開始ジャストの時間からでないと参加できない

・参加者からの使い方の質問が多い

 

オフィ助ふきだし

「シンプルで使いやすい」と言っている人と「操作が分かり辛く使い方の説明で会議の時間が削られた」という反対の意見を持つ人が同じくらいいました。操作のしやすさは人によるようです。

アプリ

≪良い点≫

・使いやすい

・接続が安定している

・充電の減りが少ない

 

悪い点≫

・PCでしか使えない機能がある(画像共有やプライベートチャットが出来ないなど)

・重い

・共有画面が大画面で見ることができない

オペレーターふきだし

接続が安定している部分はパソコンでもアプリでも同じようですね。Webexは少し重いようなので、その部分を考慮して他のブラウザや起動しているものは閉じるなどの工夫が必要になりそうです。

 

気になる価格は?

Webexの価格帯は、4つに分かれています。

Cisco webex公式ページより

 

規模に合わせて選べるので、どれを選べばいいか迷っている方にも分かりやすいですよね。

無料版は会議の時間やクラウドストレージの容量が1GBのみなどの制限があるため、導入前のお試しとして使うことをおススメします。

どっちがベスト?zoomと比較してみた!

Zoomとの違い、メリットはどこにあるのか色々比較してみました。

特徴

有料版は様々な機能が追加されるため、今回は無料版の比較をしてみましょう。

Zoom webex meeting
アカウント取得者(必須) ホスト ホスト
ミーティング可能時間 40分 50分
参加可能人数 100人 100人
チャット 〇(個別チャットも可)
ホワイトボード
画面共有
サポート オンライン オンライン

 

パット見てもあまり違いがありませんね。ミーティング可能時間が、zoomの方が若干少ないです。

しかし有料版になると、zoomは最大500人まで参加可能、webexは最大200名まで参加可能とzoomの方が大人数での使用に向いていることが分かります。

価格

次は価格です。

ここでzoomの価格を見てみましょう。

 

上にあるwebexの価格と比較すると、価格単体ではwebexが若干安いくらいで大きな違いはありません。

しかし、会議参加人数やクラウド保存可能数を見るとzoomの方が機能が多くお得であると言えます。

Webexを導入する場合は、無料版でも十分使えると思います。もし有料版を購入するなら、starterプランなどで会議の制限時間をなくすことをおススメします。

会社の規模や開催する会議の規模がそこまで大きくない会社におススメのクラウド会議システムになります。

まとめ

Webexについて色々分かったでしょうか。

記事の内容を簡単にまとめると以下のようになります。

ここがポイント

 

  • webex meetingは主催者が存在するクラウド型多地点接続会議サービス
  • webexの主な特徴はクラウド型であるにも関わらずセキュリティが強固であるところ
  • いい点は接続が安定している点、悪い点は重い、仕様が慣れるまで使いづらい点
  • zoomとはそこまで機能に差はないが、webexの方が少し価格が安い

長くなりましたが、大事なのは上記の部分です。

また、オフィ助ではwebexを取り扱っているため、何か気になる点、疑問点などあればぜひオフィ助にお問い合わせください!

お客様のご質問に丁寧にお答えさせて頂きます。

メールでの問い合わせも受け付けています♪

 

コメント