基礎知識お役立ち情報

FAXはカラー送信・受信できる?カラー送信方法も伝授

会社であればFAXを送る機会が多々あると思いますが、写真や資料など、カラーで送りたい場面もあるでしょう。

そんな時、FAXでカラーの送受信は行えるのでしょうか。

今回は、そんなFAXに関する疑問にお答えいたします!

 

FAXでカラー送受信はできるの?

結論から言うと、できます。

しかし、対応機種が少なく一般的ではありません。

 

対応機種であればカラーFAXを送ることはできます。

しかし、カラーFAXをするためには受信する側もカラーFAXに対応する機種を使っている必要があるのです。

そのため、FAXをカラーで送ることは基本出来ないと思っておいた方がいいでしょう。

 

カラー送受信が行われない理由は後述します。

 

インターネットFAXはできるのか

インターネットFAXとは、インターネット回線を通じてFAXの送受信を行うサービスのことです。

場所や時間に囚われずFAXを受け取れる点、チラシなど不要なものを印刷せずに済む点など良いところがたくさんあるサービスです。

 

このインターネットFAXではカラー送受信ができるのかというと、残念ながらできません。

パソコンでもスマートフォンでもモノクロしか対応していません。

 

 

このように、FAXのカラー送受信はできない場合の方が多いのです。

なぜこんなにもFAXのカラー送受信が普及していないのか、理由を見ていきましょう。

 

FAXのカラー送受信が普及しない理由

対応している機種が少ない

カラーFAXに対応しているものは一部のハイスペックな機種のみで、数が圧倒的に少ないです。

もしカラーFAXに対応している機種を導入したとしても、送信先のコピー機・複合機がカラーFAXに対応していなかったら白黒で送られてしまうため意味がないのです。

 

クオリティが低い

コピー機・複合機に搭載されているFAXはあまり画質重視ではないので、業務用であっても画質が低く、カラーで送っても文字や画像が潰れてしまう可能性が高いです。

そのため、カラーで送る意味がないのです。

 

通信速度が低下する

FAXで利用される通信規格は「G3」「Super G3」「G4」の3種類です。

数字が大きくなるにつれ通信速度が速くなり、FAXの転送速度も速くなります。

 

しかし、FAXの通信速度は遅い方に合わせるという特徴があるので、いくら自分の複合機の通信規格を高くしても、相手の規格が低ければ転送速度は遅いままなのです。

規格について考える際は、その点に注意しましょう!

 

ネットの普及でますます不必要に・・・

もともとFAXの通信回線はカラー送信向きではなかったため、インターネットが普及する前からあまり利用する人がいなかったようです。

インターネットが普及してからはデータを素早く安全に送信できるようになったため、さらに需要が無くなったようです。

 

 

オフィ助ふきだし

このような理由から、FAXのカラー送受信が普及しませんでした。では、書類やデータをカラーで送りたい場合はどのような方法をとればいいのでしょうか。

次はその方法をご紹介していこうと思います。

これで安心♪相手にカラーで送りたい場合の対処法

カラーで相手に送る方法を4つご紹介します。

1.スキャンしてデータとして送る

送りたいものが紙媒体の場合は、スキャンをしてデータ化し、メールで送るのが一番簡単でしょう。

専用のセキュリティ機器を入れることで、データを暗号化して安全に相手に送ることもできるのでおススメです。

 

2.スマートフォンで撮影してクラウド送信

出先から送信したい場合は、スマートフォンで撮影して送る方法がおススメです。

場所や時間を選ばず送れるため、一度事務所に戻るなどの無駄な動作をしなくて済みます。

 

3.容量が多い場合はUSBに保存

容量が多いものをメールで送ってしまうと、開けないなどのトラブルが発生する可能性があります。

それを防ぐため、USBにデータを移して手渡しするか郵送するようにしましょう。

ファイルの転送サービスを利用するのも手です。

 

4.必要に応じてファイルを圧縮

データ容量だけを気にして画質を下げたものを送ってしまうと、相手が確認するときにぼやけてよく見えなかったり、重要な部分が潰れてしまうというトラブルが起こりかねません。

 

やり取りしている相手からの信頼を失うきっかけにもなるので、なるべく画質の良いデータを送りましょう。

「JPEG」「PDF」「TIFF」などが一般的な形式ですが、容量が大きいため必要に応じてファイルを圧縮してから添付しましょう。

 

複合機を導入して快適にデータを送信しよう!

説明したように、FAXのカラー送受信は一般的ではありません。

データをカラーで送るにはスキャンが一番簡単な方法です。

カラーデータの送信をよく行う場合は、複合機の導入がおススメです!

複合機はスキャンだけでなく、コピー・プリントアウト・FAXの機能も標準搭載されており、オフィスで使うのに役立つ機能が盛りだくさんです。

 

オフィ助でも、シャープ・京セラ・富士フイルムビジネスイノベーションの複合機を取り扱っており、リース契約で多くのお客様に導入いただいています。

アフターフォローもしっかりしているので、導入前から導入後まで徹底的にサポートさせて頂きます!!

 

リース契約については、リースってなに?特徴や注意点をご覧ください。

その他にも、

「自社に合った複合機が分からない」

「リースでの注意点は?」

など、聞きたいことがあればお気軽にオフィ助にご連絡ください。

 

知識豊富なスタッフが、丁寧にお客様の疑問にお答えいたします♪

メールでも電話でも、ご連絡おまちしております。

 

コメント