テレワーク関連コラム

駅ナカシェアオフィス「STATIONWORK」とは?種類や特徴、実際の使用感をご紹介

駅の中にコワーキングスペースが用意されていることを知っていますか?

「見たことはあるけど気にしていなかった」

「使ったことがない」

という方も多いと思います。

 

そこで、今後も設置数が増えていくであろう駅ナカシェアオフィス「STATION WORK(ステーションワーク)」をご紹介します!

 

ステーションワーク設置の目的

ステーションワーク設置の目的は、会社員が電車を待っている間のすきま時間を有効活用できるようにすることです。

 

駅ナカにちょっと一人で集中できたりアポイントの電話ができたりする空間があれば、会社員の仕事効率がアップしたり、移動時間の合間に仕事を早く終わらせることができるのではないか。

と、JP東日本の社員さんが考えて実現したものらしいです。

 

たしかに、駅構内に短い時間でも座って仕事ができる空間があればとても便利ですよね。

時間の無駄なく仕事を進めることができます。

 

仕事用以外での活用方法

ステーションワークは、最初は会社員のために設置されたものでしたが、

  • 勉強したい時
  • 仮眠時
  • 友達と話す時

など、会社員ではない人も自由な方法で活用しているようです。

 

そのような需要を鑑みて、少しでも空間を広く使えるように椅子と机の配置を変えたりと改良を行っています。

 

駅ナカシェアオフィスは4種類

ステーションワークは、いくつかの種類があります。

完全個室型

完全個室になっているので、1人で作業をする際に最適なスペースになっています。

人目を気にせず電話もでき、集中したい時も仮眠したい時も使えます。

立川には、会議などに使える二人用の個室が用意されています。

 

半個室型

こちらは半個室なので天井が空いているタイプ。

席は、普通の椅子で作業するもの以外にソファ席やスタンディングワークができるところもあります。

 

フリードリンクが設けられており、より快適な作業環境を提供してくれます。

電話する際は専用の「フォーンブース」で行ってください。

 

ホテル

ステーションワークはホテルとも提携しています。

ホテルの客室を仕事場として使うことが出来るため、いつもと違う新鮮な空間で集中力を高めることができます。

 

設備は机・椅子・Wi-Fi・空気洗浄機・携帯充電器・テレビ・デスクライトとなっていて、仕事で必要になるもののみを使用できるようにしてあります。

半日単位で借りれるので、テレワークの気晴らしにおすすめです♪

 

シェアスペース

横浜や新潟にあるこのスペースは、その空間全てがコワーキングスペースになっています。

そのため、席の指定もなく自由に移動ができ、ゆったりとした空間で仕事を行うことができます。

 

横浜のワークスペース「STATION SWITCH」は4つの空間に分かれていて、

窓際の「WORKスペース」・資格取得など完全集中のための「STUDYスペース」・カフェのように開放的な空間の「IDEAスペース」・リビングのような快適さがある「RELAXスペース」があります。

 

このように、利用目的に合わせて場所を変えられるため、より集中して作業に取り組むことができます。

 

 

オフィ助ふきだし

今後はフィットネスジムと連携も考えているらしく、どんどんワーキンングスペースが増えていくでしょう。

このように、ステーションワークには種類があり、カフェに併設されているステーションワークもあるのであなたが一番集中できそうな場所を利用してみてください♪

とはいっても全ての駅に設置されているわけではないので、いつも使っている駅にあるかをまず確認してみてください。

 

利用方法

予約あり

  1. JR東日本のHPにある会員登録をする
  2. 拠点を選ぶ
  3. 時間と借りるブースを選ぶ(ブース1・2など)
  4. ステーションデスクの場合、座席の違いがあるのでそれも選択
  5. 空き状況を確認して予約する
  6. 予約時間前に現地に行く
  7. QRコードかICカードで本人認証を行う
  8. 自動ドアが開いたら入室

 

予約なし

  1. JR東日本のHPにある会員登録をする
  2. 現地に行く
  3. 会員のなかの「QRコード」を選択
  4. 時間がでるので好きな時間を選択
  5. 画面に「QRコードをかざしてください」QRコードを読み込ませる
  6. 決済方法を聞かれるので、ICカードかクレジット決済かを選ぶ
  7. 決済の最終確認がでるので、「決済」を押す

 

途中退出するとき

退出はそのままできて、入室する際は認証をしたQRコードまたは交通系ICカードを再度かざすことで入出できます。

※この際、QRコード・ICカードを持って外に出てください。

 

退出するとき

時間になったら退出を促すアラートがなるので、荷物を持ってそのまま退出するだけでいいです。

 

料金

 

60分1000円と考えると、結構な価格だと思います。

そのため、短時間利用に向いていると思います。

 

実際に使ってみた!完全個室型は快適?

ステーションワークは、実際のところ集中して仕事や勉強ができる環境なのでしょうか。

今回、それを検証するために池袋にあるステーションブースに行ってきました。

 

場所と外見

池袋にあるステーションブースは、メトロポリタン改札内という混雑している中央改札とはかなり離れた場所にあります。

ステーションブースを目的に向かう場合は少し手間がかかりますが、メトロポリタン口を利用する人は少ないため、他の駅にあるステーションブースよりも予約や利用がしやすいと思います。

 

改札内に入るとブースが4つ並んでいます。

 

空室の場合は「空」という文字が緑に光っていて、空室かどうかが一目で分かるようになっています。

 

尚、soneワークは会員登録・予約なしでも利用することができます。

今回、私は会員登録と予約をしていませんが、問題なく利用することができました。

 

タッチパネルで「一般の方」→「利用時間の選択」→「支払方法の選択」の順番に進み、支払いを完了すればブース内に入ることができるようになります。

 

ブースの中

ブースの中は移動できるスペースはなく、椅子に座りながらの作業に特化しています。

立っていると少し狭い感じがしますが、座ってみると狭くてかなり居心地が良く、集中力が増す狭さだなと思いました。

 

机には、パソコンと繋ぐモニターとデスク用ファンと消毒液とウェットティッシュが置いてありました。

 

天井にも換気用のファンがあるので、コロナ感染症対策で換気状態をよくしてくれるのはありがたいです。

机の下にはエアコンが置いてあり、夏も冬も快適に過ごすことができるよう配慮してあります。

 

扉は曇りガラスになっているので、外から見られることもなく、中からも外が見えないので安心して仕事や勉強に集中することができます。

中ではWi-Fiを使うことができるので、ネット利用が必要になった時も安心。

また、食べ物はダメですが、アルコール以外の飲み物でしたら中で飲みながら作業することができます。

 

≪内部説明≫

 

 

オペレーターふきだし
このように、ステーションブースは集中して作業を行う際にピッタリの空間であることが分かりました。1時間で1100円はやはり少し高いように感じますが、かなり快適に過ごせるので、家やオフィスじゃ集中できない時や、オフィスに帰るのは手間なのでこの場で残りの仕事・勉強を終わらせたい。という方にはとてもおススメのスペースです♪

 

まとめ

今回は、駅ナカシェアオフィスをご紹介しました。

働き方が多様化している今、このようなスペースは今後益々利用者が増えていくことでしょう。

 

今はまだ主要都市にしかありませんが、地方にも設置されるようになれば、最寄り駅で少し作業をして帰る・在宅の気分転換に使いに行くなどもできるようになってもっと新しい働き方が広まっていくことでしょう。

 

私も一度使ってみて、すごく集中できるスペースだと実感したので、どんどん設置場所が増えていってほしいと思います。

みなさんも、見かけたら一度使ってみてください!その快適さにきっと驚きますよ♪

コメント