店舗や事務所のプリンターの4つの悩みを専門家が解決!アイキャッチ
エコプリお役立ち情報

店舗や事務所のプリンターの5つの悩みを専門家が解決!

店舗のPOP印刷や、事務所で使うプリンターについて、

「印刷スピードが遅くて困る」
「印刷量が多く、コストが心配」

などといった悩みを持っている方もいますよね。

そこで今回は、事務所や店舗など法人として利用するプリンターによくある悩みの解決方法などについてお話しします。

これを読めば、悩みを解消できるプリンターを選べるようになりますよ。

ぜひ読み進めてくださいね。

法人で使用するプリンターは悩みが多い

法人で使用するプリンターは悩みが多い

法人でプリンターを利用する場合、業務内容によって使用用途が異なるため、それぞれの業種に合わせたプリンターを選ぶ必要があります。

しかし、どんなに検討してプリンターを選んでも、「問題は1つもありません!」といえるほどのプリンターは、今だ発売されていないのが正直なところでしょう。

具体的には例えば、

  • A3より大きい用紙を使いたいのに対応していない
  • インク代が高い
  • 紙が詰まりやすい
  • 印刷スピードがおそい
  • インクの発色が悪い

・・・などなど。

悩みを挙げればきりがないということも多いのではないでしょうか。

では実際にどんな悩みが多いのが、ご紹介していきましょう。

店舗や事務所のプリンターのよくある5つの悩み

ここからは、店舗や事務所でプリンターを利用する場合に、よくある5つの悩みについてお話しします。

企業ごとの悩みもご紹介しますので、読み進めてくださいね。

プリンターを使用する主な企業のリアルな悩み

まずは、使用者である企業の悩みを、それぞれご紹介しましょう。

  • スーパー
  • カーディーラー
  • 不動産会社
  • 保険会社

各企業の具体的な悩みをまとめてみました。

スーパー店員のフキダシ
POPを作っていて、インクの持ちが悪くすぐ消えてしまうと、同じものを何回も作らなければならないのが大変です。
機能面では、開店後に足らないPOPに気づいても、プリンターの起動が遅いとすぐに作成できず、お買い得品などのお知らせが間に合わないことがあります。
カーディーラーのフキダシ
水でにじみやすいインクだと、車のメンテナンス後にお客様に点検結果などを渡す際に、内容が読めなくなってしまいます。
また、印刷物は少量のチラシ作成でA4サイズ~B4サイズの使い分けをしているのですが、サイズに合わせてプリンターを使い分けるのが面倒です。
不動産会社のフキダシ
接客中、見取り図などの印刷に手間がかかると、お客様との会話が中断されてしまうのが悩みです。
さらに、繁忙期は印刷物が増えるため、印刷スピードが遅いと順番待ちの列ができ困っています。
保険会社のフキダシ
顧客情報のコピーを取る際、印刷に時間がかかると、印刷待ちの別の書類と混ざりそうになったり、間違って他の書類と一緒にシュレッダーにかけてしまいそうになることがあります。紛失や情報漏洩などには常に気をつけているのですが、そんな時はひやひやしますね。

業種によってプリンターに求めるスペックが異なり、それらすべてを網羅したプリンターを探すのは至難の業です。

1. インクの発色や持ちが悪い

インクの発色や持ちが悪く、よく詰まってしまう
掲示物や配布物などを印刷したい場合にもっとも困るのが、発色と持ちの悪さです。

特にPOPやチラシなどの広告は、人目を引く鮮やかな発色が大切ですよね。

また、日光や雨のせいで掲示してすぐにインクが消えてしまっても困ります。

発色や色持ちは、プリンター本体の機能よりもインクの品質が原因であることが多いです。

2. インク詰まりなどトラブルが頻繁に起こる

インク詰まりなどトラブルが頻繁に起こる

プリンターの悩みで多いものと言えば、使用中のトラブル。

中でもインク詰まりは、プリンターをよく使う店舗や事務所なら一度は必ず経験がありますよね。

ヘッドクリーニングなどの簡単なお手入れで直るといっても、急いで印刷しなければならない時には焦ってしまいます。

使用頻度にもよりますが、インク詰まりが週に何度も起こるプリンターは、インクに問題がある可能性も。

法人の場合は費用を抑えるため、リースのプリンターなどで安い海外製インクを使用している場合が多いです

会社によっては印刷コスト削減のため、インクが安くて大量に使用できる、プリンターに外付けするタイプの連続インク供給装置(CISS)をつけているケースもあります。

海外製インクは中に異物が混入していることがあり、目詰まりが起こりやすいという報告があります。

プリンターやCISSそのものが悪いというよりも、良質ではないインクによってトラブルが起こりやすくなっているのです。

3. プリンターの機能性が不満

プリンターの機能性が不満

プリンターの機能性が業務内容に合わず、不満を持っている方も多いです。

機能性について、よくある悩みとして次の4つがあります。

  1. 操作性が複雑で使いづらい
  2. 印刷スピードが遅い
  3. 対応する用紙サイズが少ない
  4. ネットワーク接続に非対応

求める機能によってプリンターを選んでも、全ての希望を叶える製品となると導入時のコストが懸念されます。

また、ニーズに合った機種を選択できたと思っていても、いざ使ってみると、

「やっぱり使い勝手が悪い」
「用紙サイズに対応しているのはいいけど、印刷に時間がかかりすぎ」

などといった不満や問題点が発生してしまうことがあるのです。

4. 大量印刷にコストがかかる

大量印刷にコストがかかる

大量印刷を行う場合、インク代などのコスト面が気になりますよね。

法人の場合、リースや定額制レンタルといった方法でプリンターを利用しているケースが多いでしょう。

定額制レンタルの場合、印刷枚数に関係なく料金は一定で利用することが可能です。

カウンター料も不要なため、追加料金なしで印刷し放題ということになります。

しかし、リースの場合、印刷枚数に応じてカウンター料などが発生するため、印刷をすればするほど料金は高くなります。

大量に印刷をするのであれば、リース契約の内容などをきちんと把握しておかなくてはいけません。

5. メンテナンスやトラブル時の対応が遅い

メンテナンスやトラブル時の対応が遅い

プリンターは繊細な機械なので、きちんとメンテナンスを行わないと、印刷不良や紙詰まりなどといったトラブルが起こることがあります。

法人の場合、リースやレンタル、買取などさまざまな方法でプリンターを利用していますが、トラブルが起こった場合の対応については、契約会社によって異なります。

ひどいときには、修理に2~3日かかるなどといったケースもあり、業務上プリンターが必要な場合は困り果ててしまいますよね。

プリンターを利用する法人にとって、トラブルやメンテナンスへの対応が遅ければ遅いほど業務に影響が出ます。

メンテナンスやトラブル時に対応が悪い・遅いといった場合は、リース会社などを変える必要があります。

プリンターのさまざまな悩みの解決法3つ

オフィスごとにプリンターの悩みはさまざまですが、おおまかに分けて3つの解決法が挙げられます。

ぜひ確認してみてくださいね。

1. 高品質なインクを使用できる機種を選ぶ

業界初!高品質な日本製インクを使用

トラブルを起こしにくい良質なインクと言えば、まず純正インクが思い浮かびますよね。

ただ、純正インクは高額で、コスト面を考えるとなかなか選べないもの。

最近では純正インクと品質のほぼ変わらない、安価な互換インク(ジェネリックインク)が数多く生産されています。

互換インクの需要は年々高まっており、家電量販店などではインク売り場のスペースを純正品と同じ割合で占めていることも珍しくありません。

価格は純正品よりも約23%~25%程度安く設定されていて、気軽に購入しやすいのが大きな特徴です。

中でも日本製のインクは、高クオリティでトラブルが起きにくく安心だと言われています。

互換インクは、対応しているプリンターであれば問題なく使用できます。

インクに関する悩みを解決したい方は、国産の互換インクが使える機種がおすすめです。

スーパー店員のフキダシ
日本製のインクなら、印刷物の発色や色持ちにも期待できそうですね!

2. プリンターを使用する際に必要な機能を見極める

プリンターを使用する際に必要な機能を見極める

プリンターを検討する場合は、まず必要な機能をきちんと確認しておきましょう。

次の4つのような機能は、後々「ついていればよかった」と後悔することが多い機能やスペックです。

  • 印刷スピードの速さ
  • 自動両面印刷機能
  • 幅広い用紙への対応
  • 画質の良さ

まずは必要最低限の機能から検討し、その後に仕事の効率を上げるのに役立つ機能などを決めていくといいでしょう。

3. 大量印刷には使い放題の定額制レンタルがお得

大量印刷には使い放題の定額制レンタルがお得

毎月のリース料が高いと感じる場合は、定額制レンタルも検討しましょう。

定額レンタルは手頃な価格で導入でき、リース契約時のカウンター料金のような、リース料(本体代)以外の料金は発生しません。

  • インク使い放題
  • 印刷し放題(用紙使い放題)

という内容で使用できるほか、

毎月支払う金額が一定なので、大量印刷の場合リースに比べてコストを削減しやすいのです。

大量印刷をすることが多い場合、リース会社よりも定額制レンタルのほうがおすすめだと言えます。

保険会社のフキダシ
インク使い放題なら、遠慮なくカラー印刷できるので提案資料の作成に役立ちそうです。

あらゆる悩みが解決できるプリンターレンタルサービス「エコプリ」

国産インクで印刷し放題の「エコプリ」

ここまでご紹介したプリンターの悩みや不満点を、まとめて解消するのにおすすめのサービスが「エコプリ」です。

エコプリは、デジタル・コミュニケーションズが提供している定額制のプリンターレンタルサービスで、リースと比べて大量印刷が安く行えるのが特徴です。

簡単な情報は次の表を参考にしてください。

エコプリ
日本製インク使用 すべての機種
機能性 自動両面印刷機能つき:

  • EPSON EW-M660FT
  • RICOH SG-3120SF
  • RICOH SG-3200

A3用紙対応:

  • RICOH SG-7200
価格 スーパーライトプラン 6,000円(税抜)~
保守サービス あり

また、取り扱っている全ての機種で高クオリティな日本製互換インク(ジェネリックインク)を使用しています。

両面印刷機能付きやA3用紙対応のプリンターもあり、機能面も安心です。

エコプリについてはオフィ助で問い合わせを受け付けています。

細かい料金や対応機種のスペックなどが気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

ここまで、プリンターのよくある悩みやその解決方法などをご紹介しました。

今回のポイントは次の3つになります。

ここがポイント
  • 海外製インクは異物混入で目詰まりが起こりやすい場合があるので注意
  • プリンターを選ぶときには必要な機能をきちんと把握しておく
  • 良質なインク・大量印刷・低コストの実現が可能なのはエコプリ

「オフィスのプリンターは目詰まりがひどくて手間がかかる」
「もっと利便性がいい機種が欲しい」

といった場合は、この記事を参考にプリンターを見直してみましょう。

もし「自分のオフィスに合ったプリンターが見つからない」などといった場合は、オフィ助にお任せください。

リースから定額制レンタルの「エコプリ」まで、あらゆる視野から幅広くご提案させていただきます!

コメント