シン・ゴジラにコピー機が登場!
コラムメーカー・機種KYOCERA

シン・ゴジラに出てきた京セラのコピー機TASKalfa206ciの特徴まとめ

ドラムの耐久性に定評のある大手メーカー「京セラ」。

京セラの「TASKalfa206ci」を検討している方の中には、

「TASKalfa206ciにはどんな特徴があるのか知りたい」
「TASKalfa206ciのスペックが気になる…」

という方もいますよね。

そこで今回は、TASKalfa206ciの基本的な情報からスペック、導入コストの目安など詳しく解説していきます。

これを読めば、TASKalfa206ciの魅力がよく分かり、複合機・コピー機の検討に役立ちますよ。

ぜひ読み進めてくださいね。

TASKalfa206ciの知っておきたい製品情報

TASKalfa206ciは印刷にかかるコストや効率を考えられた機種です。

まずは基本の情報から見ていきましょう。

製品名 TASKalfa206ci
読み取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 600×600dpi
ウォームアップタイム 約55秒以下、スリープモード23秒以下
ファーストコピータイム※A4ヨコ
  • カラー 13.6
  • モノクロ 11.7秒以下
連続複写速度※A4サイズの場合
  • カラー:20枚/分
  • モノクロ:20枚
大きさ(mm) 幅590×奥590×高さ748
質量 約80kg
機械占有寸法(mm) 幅874×奥行590※手差しトレイ使用時
発売日 2012年7月20日

TASKalfa206ciはグーグルドライブと連携させることで、各クラウドサービスに保存された書類や写真のデータを自由に印刷できます。

アプリを使えばスマホからのプリントも簡単に行えます。

また、スリーブ時は消費電力0.9Wと、京セラの従来機に比べ84%もの節電が可能です。

TASKalfa206ciの評価すべき4つの特徴

TASKalfa206ciにはさまざまな機能がありますが、中でもおすすめしたい4つの特徴についてお話しします。

1. 操作やトナー交換が簡単で使いやすい

TASKalfa206ciの操作パネルは、ビッグアイコンな上に直感的に操作することが可能です。

1画面に対応する操作は1つだけなので、分かりやすく使えるところが魅力。

また、本体の形状がプリンターベースで、トナー交換やメンテナンスがしやすい設計になっています。

2. ジョブ処理に特化したマルチセンド機能搭載

TASKalfa206ciには、一度に複数の宛先に送信できる“マルチセンド機能”が搭載されています。

アドレス帳には以下のような宛先を設定できます。

  • FAXダイヤル
  • SMBフォルダー
  • E-mailなど

これらに同じデータを一括で送信できるため、業務の効率化を図ることが可能です。

3. スマホでアプリから操作が可能

スマホのアプリ「京セラモバイルプリント」を利用しWi-Fi接続することで、スマホからのプリントやスキャンなど操作が可能です。

外出先のほかオフィスでも、自席など本体から離れた場所でも操作しプリントすることができるので、大変便利ですね。

4. 利用時のICカード認証で高セキュリティ

TASKalfa206ciはオプションとして、ICカードを用いて、利用できる機能を1人ずつ制限するシステムが備わっています。

部門管理と連携することによって入出力管理が可能なほか、自分だけの文書ボックスを表示することができるため、機密文書の印刷なども安心して行えます。

TASKalfa206ciのひと目でわかるスペック表

次にTASKalfa206ciのスペックを見ていきましょう。

最大原稿サイズ A3
カラー対応 フルカラー
コピー機能
両面コピー機能
プリント機能
FAX機能 △※オプションで追加可能
ソート機能
フィニッシャー機能 △※オプションで追加可能
スキャン機能
Mac対応
無線LAN機能 △※オプションで追加可能
メモリ・RAM
  • 標準:1.5GB
  • 最大:2.0GB
HDD容量

TASKalfa206ciはコスト面も重要視して作られた機種です。

そのため、エコプリント機能でトナーの節約ができたり、複数枚の原稿を1枚に貼り付けて出力できるなど、資源を無駄しないスペックも高い点も特徴です。

TASKalfa206ciの実際の価格

複合機・コピー機を選ぶうえで、実際の導入にかかる金額を確認することも重要です。

そこで、まずはTASKalfa206ciの価格について次の表を確認してください。

本体価格※オプション代別 798,000円
オプション料金※希望小売価格
  • FAXキット:80,000円
  • フィニッシャー機能:158,000円
  • 無線LAN機能:32,000円
搬入費用 約3万円
リース料金(5年) 約8,397円/月
カウンター料金※1枚当たり
  • カラー:10円
  • 白黒:1円
保守サービス メーカー保守
※税別価格

本体価格+搬入費用がかかるので、最低でも約83万円になります。

TASKalfa206ciは、コピーセット方式で月々の保守料が0円に抑えられるのはうれしい点です。

ただ、FAX機能や無線LAN機能をつけると、94万円にもなるので導入費用に頭を悩ませる人もいますよね。

そういった方は、リースの検討もしてみましょう。

オペレーターふきだし
価格は変動することがあるため、コスト面で導入を悩んでいる方は、ぜひお気軽にオフィ助までお問い合せくださいね。

TASKalfa206ciのよくある3つの質問

ここからは、TASKalfa206ciによくある質問3つについてお話しします。

事前に疑問点を解消しておくことで、スムーズに使用できますよ。

1. TASKalfa206ciは画質は良い?

TASKalfa206ciは、従来機のTASKalfa205cに比べ画質を大幅にアップし、色ずれのない表現力を実現したため、写真付き書類もきれいにプリントできます。

また「そんなにきれいに印刷しなくても…」といった場合には、5段階にトナー濃度を調節できるエコプリント機能で、好みに合った画質でのプリントも可能です。

2. スキャンしたデータをUSBに保存するには?

TASKalfa206ciにUSBを接続することで、スキャンしたデータをUSBに保存することが可能です。

流れとしては次のようになるので確認しておいてくださいね。

  1. 原稿をTASKalfa206ciにセットする
  2. USBメモリースロットにUSBをセットする
  3. パネルに外部メモリー画面が表示されたら、保存先の選択
  4. ファイル形式や解像度などの設定
  5. 「スタート」を押し、保存

使用するUSBメモリーは、TASKalfa206ciでフォーマットしたものしか利用できないので注意しましょう。

もしTASKalfa206ci以外でフォーマットしたUSBの場合、「外部メモリーがフォーマットされていません」といった表示がパネルに出ることがあります。

3. 対応ドライバーはどれ?

TASKalfa206ciの対応ドライバーは、付属のCD-ROMもしくは、公式ページでのダウンロードになります。

対応OSは次のようになるので確認しましょう。

Windows
  • Vista
  • 98
  • 7
  • 8
  • 8.1
  • 10
  • Me
  • NT4.0
Windows Server
  • 2000
  • 2003
  • 2008
  • 2008R2
  • 2012
  • 2012R2
  • 2016
  • 2019
Mac OSX

TASKalfa206ciの実際に使っている人の口コミと評判

いくら性能がいい機種としても、使い勝手は実際に使っている人に聞かなくてはわからない部分があります。

そこで、口コミをいくつかご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

40代 男性 会社員

タッチパネルの反応がよく、満足している。
印刷スピードが速く、会議用の資料作成にも時間がとられず効率がいい。
スキャンした書類を、USBを利用してPCの画面上で確認できるのも、いちいち書類を探さなくていいのでラク。

30代 女性 会社員

トナーやドラムの交換頻度が少なく、手間がかからなくてうれしいです。
それに紙詰まりが少なく感じます。

オフィ助担当者が教えるTASKalfa206ciの豆知識

こんにちわ!入社2年目、営業マンの橋浦です♪

入社して間もない頃、“複合機の営業たるもの、誰よりも複合機に興味を持ち、愛せよ!”と尊敬する会社の先輩方にお教えいただいてから、日常のあらゆる場面で複合機が気になってしまいます!

コンビニエンスストアや図書館、区役所などでまず目に入るのは、もちろん複合機。

メーカーは…?型番は…?と、まじまじと見てしまいます。

傍から見たら完全に不審者ですね。笑

そんな日常の場面以外にも、TVドラマや映画のオフィスシーンなどで複合機が置いてあると、橋浦はいつも気になってしまうんです!

例えば、2016年に大ヒットした映画『シン・ゴジラ』を観に行った日のこと。

シン・ゴジラのタイトルロゴ

劇中で、ゴジラの対策本部が設置され、大量のコピー機が会議室に運ばれてくるのですが、そのシーンを観てハッとしました!

あの、コンパクトで丸みを帯びたキュートなフォルム……操作ボタンの緑色……

それはまさしく、弊社でも取り扱っている京セラさんのTASKalfa206ciという機種でした!!!

TASKalfa206ciの外観

そして実はこの機種、私が入社して初めてお客様にご契約いただいた、大変思い入れのある機種だったのです…!

会議室の後ろにずら~っと並んだTASKalfa206ci達のたくましいこと…

映画の内容はもちろん、そういったところも含め感動したので、二回も観に行ってしまいました♪

それからというもの、TASKalfa206ciをお客様にご提案する際には、「あの『シン・ゴジラ』でも登場している機械なんですよ!」とお話しさせていただいております!

って、もちろんそれはトークの中の一部で、機能の説明などはしっかりと行っていますのでご安心を。笑

これからも、営業として商品を提案する立場だからこそ、まず自分が一番商品に興味を持ち、自信を持ってお客様にご提案をしていきたいと思います!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、京セラのTASKalfa206ciについて、概要やスペック、よくある疑問点など詳しくご紹介しました。

重要なポイントは次の3つになります。

ここがポイント
  • TASKalfa206ciはスマホやクラウドをつなげて仕事の効率化が図れる
  • ドラム交換が基本的には必要なく、トナーと用紙のみでプリントができる
  • オプションでインターネット回線でのFAX機能をつけることが可能

「コストを抑えられる機種を探している」
「スマホなどを使って使用できる複合機がいい」

といった方は、ぜひTASKalfa206ciをご検討ください。

私たちオフィ助では、お客様のニーズに合わせて複合機・コピー機をご案内させていただいています。

  • アプリを使ってスマホなどで操作できる機種を利用したい
  • コストをかけたくない

など、さまざまなご要望をぜひオフィ助までお聞かせください!

コメント