基礎知識お役立ち情報

コピー機・複合機の消費電力を節約したい!方法や目安を伝授します。

コピー機・複合機は、ほとんどの場合会社で使われるため、使用頻度が高いです。

使用頻度が高いと、当然ですが消費電力も多くなります。

 

コピー機・複合機は消費電力が大きいため、できるだけ節電したいですよね!

今回は、コピー機・複合機で消費電力を節約する方法をお伝えします。

 

消費電力は3種類!

消費電力は、大きく分けて3種類に分けられます。

 

最大電力

待機状態から、コピーや印刷をできる状態に戻った時に使う電力。

動作平均電力

コピーや印刷などの作業を行っている時の平均電力を指す。

待機時電力

コピー機・複合機を使っていない時(スリープモードやスタンバイ状態)の消費電力を指す。

 

消費電力の目安

上記の3つに加えて、スリープモードも含む消費電力をお伝えします。

あくまで目安であり、ものによって変化するのでしっかり確認してくださいね!

 

最大電力:1100W~1500W

動作平均電力:400W~600W

待機電力:100W~150W

スリープモード:1.5W~3W

 

使っているコピー機・複合機がある場合もこれから導入予定の場合も、メーカーにどのくらいの消費電力か問い合わせて見てくださいね。

 

すぐに使える♪節電の方法

それでは、コピー機・複合機の節電の方法をお教えします!

すぐに実行できるものなので、次使う時は早速やってみてくださいね♪

 

様々なIT機器を複合機1台に集約する

ファックスやスキャナーなど、それぞれ専用の機器を使っていると、その分無駄に電力を使ってしまいます。

また、買い替えの際も1つ1つにお金がかかってしまいます。

 

多くの複合機はスキャン、ファックス、カラー・モノクロコピー、プリントアウトなど仕事をする上で必要な機能を備えているので、複合機を1台導入してしまった方がコストも消費電力も安く済みますよ!

 

また、メンテナンスを定期的に行うことで寿命を延ばすことができます。

 

省エネモードを使う

コピー機・複合機を使っていないときも稼働させておくと、その分無駄に電力を消費してしまいます。

それを防ぐために、「省エネモード(スリープモード)」を活用しましょう!

 

省エネモードにしておくだけで、かなり消費電力を減らすことができます。

ものによって違いますが、省エネモードのボタンを押すだけのものや、時間を決めて自動的にスリープモードに移行するものもあります。

 

1回にまとめてコピーや印刷をする

最もたくさん電力を使うのは、待機状態・スリープモードから使用可能状態に復帰する時です。

どんな家電も、稼働を始める時が一番電力を必要とするのです。

 

そのため、間をあけて印刷をすると何度も待機と稼働を繰り返すことになるので、それだけ多くの電力がかかってしまいます。

それを防ぐために出来るだけ一度にまとめてコピーや印刷を行うのがおススメです。

 

集約印刷をする

 

集約印刷の画像

出典元:canon 集約印刷

消費電力は出力時間の長さ、つまりコピーや印刷をしている時間が長ければ長いほど電力を消費します。

出力時間を短くするため、可能であれば印刷物を1枚の紙に集約することで印刷時間を短くすることができ、消費電力も抑えることができるのです。

 

 

オフィ助ふきだし

節電の方法を4つ紹介しましたが、これを全て行ったらかなり消費電力が抑えられます。

集約印刷は可能な限りにとどめて、IT機器の集約と省エネモードだけでも行うようにしてみてください♪

メーカーごとの消費電力を比較!

ここでは、オフィ助で取り扱いのあるメーカーの商品を1つ例に挙げて、消費電力を比べてみたいと思います。

そのため、この消費電力が全てではないので、詳しくはメーカーページを見たり、問い合わせて見てくださいね。

 

メーカー名 シャープ 京セラ 富士フイルムBI
機種 MX-2661 TASKalfa2360 DocuCentre-Ⅶ C3372
連続複写速度 26枚/分 24枚/分 25枚/分
最大消費電力 1.5kW以下 900W以下 1.5kW
TEC値 1.4kWh/週
エネルギー消費効率 73kWh/年 55kWh/年 47kWh/年
待機時消費電力 1W以下 0.5W 0.5W

※富士フイルムビジネスイノベーションの略で、旧富士ゼロックスの事

 

TEC値省エネ性能を表す指標。この場合、一週間あたりの消費電力を表す。
値が低いほど電力消費が少ないことを示す。

エネルギー消費効率1年間に消費する電力の量を表している。
こちらも、値が小さいほど消費電力が少ないことを示す。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。複合機は使用頻度が多いため消費電力が多くなりがちです。

しかし、少し工夫するだけで消費電力を抑えることが出来るのです!

これからすぐに実行していただけたら嬉しいです。

 

オフィ助では、様々な複合機を取り扱っています。これから導入するという方は、ぜひともオフィ助にご相談ください!

省エネできる機種のご提案をさせていただきます。

 

その他にも、お客様のサポートをさせていただきますので、少しでも興味がある場合は

下記ボタンからお気軽にお問い合わせください♪

 

 

コメント