セキュリティ基礎知識

フリーWi-Fiはなぜ危険?危険性や対策方法を紹介します。

フリーWi-Fiは飲食店や電車の中で提供されていることが多いですが、「フリーWi-Fiは危険がある」と思って使っていない人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、急用で調べたいことがあるのに通信制限になってしまった、カフェでパソコンを使いたいけど、ポケットWi-Fiを持っていないなど、フリーWi-Fiを使いたいと思う機会は多くあると思います。

 

今回は、フリーWi-Fiの危険性やセキュリティ対策方法などをご紹介していこうと思います♪

 

フリーWi-Fiはなぜ危険だと言われるのか

フリーWi-Fiの使用はなぜ危険だと言われているのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

 

覗き見による情報漏洩

フリーWi-Fiは通信が暗号化されていないため、攻撃者によって閲覧したサイトや入力情報、メールのやり取りなどを見られてしまうリスクが高いです。

個人情報や機密情報が悪意ある他人に漏れてしまう恐れがあるのです。

 

なりすましアクセスポイントへのアクセス

なりすましアクセスポイントとは、お店などが正規で提供しているWi-Fiと同じ、またはよく似たネットワーク名(SSID)に偽装したアクセスポイントのことです。

 

なりすましアクセスポイントは悪意ある第三者によって作られているため、間違ってそちらにアクセスしてしまうと、偽サイトに誘導されて情報が抜き取られたり、端末を乗っ取られるなどの危険があります。

 

位置情報が取得される

フリーWi-Fiを通して接続端末に侵入され、GPS機能で位置情報を取得されるおそれがあります。

自分の居場所が分かってしまうので、ストーカーや脅迫などの被害にあう可能性が高まります。

 

危険性があるのに提供されている理由

「フリーWi-Fiは危ない」と言われているのに、なぜ世の中にはフリーWi-Fiスポットがあるのでしょうか。

自治体がフリーWi-Fiを提供する理由を紹介していきます。

 

外国人観光客の満足度向上

外国人が日本に旅行に来た際、通信キャリアが提供するローミングサービス(利用通信事業者のサービスを、海外などの提供範囲外でも利用できるサービス)を使えばWi-Fiを使わずとも通信を行うことはできます。

 

しかし、このサービスのデータ通信量は高額なため、できれば使いたくないと思う人が多いです。

 

そこで、フリーWi-Fiがあれば外国人観光客の満足度をあげることができるのです。

外国人旅行者を対象に行った「日本の旅行中に感じた不満は?」というアンケートで、フリーWi-Fiなどの通信環境が上がっています。

日本にはフリーWi-Fiスポットがあまりないので、外国人観光客に向けて今よりフリーWi-Fiスポットが増えることが予想されます。

 

災害時の効率的な通信

災害が発生すると、通信機関がダメージを受けたり通信がパンクしてしまいますよね。

 

しかし、フリーWi-Fi環境が整っていると、効率的な通信を行うことができるのです。

Wi-Fiを通じて広範囲を見ることができるので、被害状況や災害の詳細を把握することもできます。

そうすることで、災害による被害を最小限に留めることができます。

 

住民へのサービス向上

スマホやタブレットを利用する人がふえているため、駅や図書館、庁舎などの公共の場所にフリーWi-Fiが設置してあることで利用者の増加やスムーズな通信を可能にします。

 

利用者の満足度アップ

カフェやコンビニなどにもフリーWi-Fiは設置されています。

これは、利用者がそのお店で快適に過ごすためのサービスの一環で、フリーWi-Fiを使って通信制限を気にせず動画を視聴できるなど、そのお店を利用する満足度をあげるために提供されているのです。

 

リスクを防ぐ、対策方法6つ

では、フリーWi-Fiを使う上で少しでもセキュリティを高める方法をご紹介します。

 

提供元が分かっているものの利用

お店や自治体が提供している正規の安全はフリーWi-Fiを使いましょう。

フリーWi-Fiのステッカーなどが貼ってあると思うので、そのネットワーク名をしっかり確認して、アクセスするようにしましょう。

 

しかし、上記で紹介した「なりすましアクセスポイント」は、見分けるのが難しいです。

 

そこでJapan Wi-Fi auto-connectというアプリを使うといいでしょう。

こちらのアプリは、なりすましの可能性が高いWi-Fiに接続した際に知らせてくれるため、信頼性の高いフリーWi-Fiにのみ接続できるのです。

 

フリーWi-Fiを使う場合は、コチラを介して使うようにしましょう。

Japan Wi-Fi auto-connect 

 

SSLサイトのみ閲覧する

SSLサイトとは、通信が暗号化されたサイトのことです。

SSLサイトはアドレスの最初が「https」から始まっていて、アクセスするとアドレス欄に鍵マークが出るので確認しやすいと思います。

 

暗号化されているフリーWi-Fiを利用する

フリーWi-Fiの中でも暗号化されているものを利用するようにしましょう。

 

パスワードの入力が必要ないフリーWi-Fiは、本当に誰でもアクセスできるので一番危険です。

暗号化されているフリーWi-Fiの場合、Wi-Fiに繋ごうとするとパスワードを求められるのですぐに見分けることができます。

 

個人情報が分かるページを見ない

フリーWi-Fiに繋いでいる間は、ECサイトで買い物をしたり、会員登録をしたりしないようにしましょう。

フリーWi-Fi上では常に悪意のある第三者に情報を除かれる危険性を念頭において、個人情報を入力するような作業は行わないでください。

 

自動で接続されないようにしておく

スマートフォンには、設定で一度接続したWi-Fiを検知したら自動で接続することができます。

家で使っているWi-Fiなどの接続は自動にしておいていいですが、フリーWi-Fiの自動接続はオフにしておきましょう。

 

常にフリーWi-Fiを利用する場合は付けておきたいと思いますが、なりすましアクセスポイントにも勝手に接続してしまう恐れがあります。

情報漏洩のリスクを下げるためにも、フリーWi-Fiはその都度接続にしてください。

 

VPNを利用する

VPNを利用すれば、フリーWi-Fiの通信も暗号化することができます。

VPNは仮想専用線といって、インターネット上に仮想の通信トンネルを作ることで特定の人のみがアクセスできる安全な経路を作ることができるのです。

 

VPNについては別記事で詳しく説明しているので、ご確認ください♪

VPNとは?仕組みや特徴について

 

VPNを利用すれば、フリーWi-Fiでも安全なアクセス経路を作ることが出来るためオススメです。

フリーWi-Fiを使うことが多い人はVPNの利用が安全でいいと思います。

 

みんなが気になる疑問に答えます!

Q:既にログイン情報が登録されている場合、フリーWi-Fiを使って通信を行っても情報漏洩リスクはない?

この質問は、例えばAmazonのログイン情報を保存してあり情報入力が省略されるため、フリーWi-Fiで閲覧したとしてもログイン情報は盗まれないのか?という内容です。

 

残念ながら、リスクは多いにあります。

実は、改ざんされたcookieを使用してしまうと、情報入力を行わなくてもログイン情報などの重要な情報を盗まれてしまうのです!

 

Cookieとは、HTTP/HTTPS通信において、サイト側が同じ人が再アクセスしたと分かるように訪問者のデバイスに残すデータのことをいいます。

Cookieがあるおかげで、アクセスする度にログイン情報を入力する手間なくサイトを閲覧できるのです。

Cookie情報はユーザーのセッションIDをベースに構成され、セッションIDが一致することで「前回アクセスしている認証済みアカウントだ!」と認識しています。

 

そのため、改ざんされた偽のcookieを使って通信を行ってしまうと攻撃者がセッションIDにアクセスできてしまい、以前のログイン情報や個人情報を入手出来てしまうのです!

 

過去に、ヤフーが偽造cookieによって3200万人のユーザー情報を盗まれてしまった事件があります。

このように、偽のCookieで通信を行ってしまうと、重要な情報を入力しなくても無意味なのです。

 

Q:SSLサイトだけなら、フリーWi-Fiを使って閲覧してもいい?

基本的には、SSLサイトのみの閲覧ならセキュリティリスクも少ないです。

 

しかし、SSLサイトは中間攻撃者からの覗き見や改ざんを防ぐことはできますが、フィッシングサイトを見分けることは出来ません。

最近はSSL証明書の取得ハードルが下がっていることもあり、詐欺サイトであってもSSL化されるようになってしまいました。

 

そのため、「SSL化され鍵がついているサイト=安全」ではなくなっているのです!

 

フリーWi-Fiで詐欺サイトにアクセスしても気づけないため、情報漏洩リスクが十分にあります。

 

さらに、セキュリティ保護されていないCookieであれば、SSLサイトであっても盗聴できてしまうので、その危険性を理解したうえでフリーWi-Fiを使うかどうか考えてみてください。

 

 

このように、フリーWi-Fiの利用はやはりあまり推奨されていません。

 

サイバー攻撃に合うリスクを減らすためには、やはりフリーWi-Fiは極力使わない方がいいでしょう。

 

VPNはオフィ助にお任せ!

今回は、フリーWi-Fiの危険性と対策方法などをご紹介しました。

フリーWi-Fiを安全に使うには、やはりVPNの利用が一番かと思います。

VPNを低コストで導入したい場合は、VPN対応ルーターがおすすめ♪

 

オフィ助では、VPN対応ルーターを販売しているので、興味がある方はぜひお気軽にご連絡ください!

 

 

コメント