リースとレンタルの違いって?
コピー機・複合機のリース基礎知識

複合機・コピー機のリースとレンタルの違いを8項目で比較

オフィスに複合機・コピー機を導入する際「レンタル」と「リース」のどちらを選べば良いか悩んだことはありませんか?

「そもそもレンタルとリースって何が違うの?」
「うちのオフィスの場合はどっちが適しているのかな?」

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、複合機・コピー機のレンタルとリースの仕組みから見るそれぞれの違い、そして適しているユーザーなどをまとめました。

この記事を読むことで、オフィスに合わせた複合機・コピー機の導入が可能になるので参考にしてください。

複合機・コピー機の「リース」の仕組み

リースは、企業が求める複合機・コピー機をリース会社が購入し、リース会社から企業に対して長期に渡る賃貸を行うサービスのことです。

設備の所有権はリース会社にありますが、企業は設備を自社で購入した場合と同じように使用できるのがポイントです。

リースならではの特徴として次の2点が挙げられます。

  • 欲しい設備をリース会社に購入してもらい、それを借りられる
  • 長期間賃貸(3年~)

レンタルはレンタル会社が用意している設備ラインナップが選択肢となり、必要な複合機・コピー機がその中に含まれていなければ、妥協した設備を導入せざるを得ません。

しかしリースはリース会社が代わりに購入してくれるので、本当に必要としている複合機・コピー機を選べるのが大きな特徴といえるでしょう。

お客様は数多く存在するリース会社を選ばなくてはなりませんが、どれが最もお得で信頼できるのかを見極めるのは大変です。

そこで取引実績豊富なオフィ助がお客様とリース会社の間に入ることで、ベストなリース会社を紹介致します。

オフィ助リースの仕組み

複合機・コピー機の「レンタル」の仕組み

続いて複合機・コピー機のレンタルの仕組みをみていきましょう。

レンタルの特徴は次の2点が挙げられます。

  • レンタル会社が用意しているラインナップの中から選ぶ
  • 比較的短期間の契約(数日~1年程度)

上記の「複合機・コピー機のリースの仕組み」でも触れましたが、レンタルはレンタル会社の在庫の中から複合機・コピー機を選ぶ必要があるため、選択肢の幅が狭い傾向にあります。

ラインナップが豊富なレンタル会社なら目当ての複合機・コピー機が見つかることもあるでしょうが、なかには1~2種類程度しか用意されていないこともあるので注意しましょう。

しかし、すでに用意されている設備を導入するだけなので、リースと比べてスピーディーな対応が可能です。

また、リースとは異なり、レンタルは比較的短期間の利用がほとんど。

「すぐに必要なものを1週間だけ借りたい!」といった時にレンタルを利用するのが一般的
です。

5分で分かる!リースとレンタルの違いを比較

ここまでに紹介したリースとレンタルの違いを表にまとめると次のようになります。

リース レンタル
初期費用 なし あり
対象商品 任意のコピー機 レンタル会社の在庫コピー機
製品の選択
契約期間 約3年~
※法定耐用年数の70%以上
数日~
契約対象者 法人 個人・法人
製品の所有権 リース会社 レンタル会社
中途解約 原則不可 可能(解約金発生の可能性あり)
契約終了後 ▼リース会社に返却
▼契約を延長
▼レンタル会社に返却
▼契約を延長

このように、それぞれに違いがあることがよく分かりますよね。

リースとレンタルが向いているのはどんなユーザー?

上記した、それぞれの違いをもとに、リースとレンタル、どちらのほうが適しているのかをまとめると次のようになります。

リース レンタル
  • 初期費用・経費を抑えたい方
  • 最新機種を使いたい方
  • 長期間利用したい方 など
  • 中古品でも構わない方
  • 数日~数週間程度の短期利用を目的としている方
  • 導入スピードにこだわりたい方

オフィスの運営設備を充実させるならリースを、イベントなど短期間のスポット的な利用を考えているならレンタルを、といった具合に使い分けるのが理想的です。

複合機・コピー機リースのメリットとデメリット

複合機・コピー機をリースするメリット・デメリットについて解説していきます。

リースの6つのメリット

リースのメリットには次の6点が挙げられます。

  • リース期間が長い
  • 毎月の費用がリーズナブル
  • 好きな機種を選べる
  • 新品を利用することができる
  • 各種手続きをリース会社が受け持ってくれる
  • 費用を経費で処理できる

魅力は好きな機種・必要な機能を搭載した機種をリーズナブルな料金で、長期的に利用できる点にあります。

また面倒な手続き(減価償却など)もリース会社が請け負ってくれるため、導入が楽なのもポイントです。

リースの3つのデメリット

一方のデメリットには次の3つが挙げられます。

  • 原則として途中解約ができない
  • リースするには審査が必要
  • トータルでのコストが高額になる可能性がある

リースは原則として中途解約ができません。

そのため「途中で使わなくなった」と契約を打ち切ることができず、計画的な導入が必要不可欠。

事業がどの程度継続するのか、規模が縮小する恐れはないか、といった想定をしっかりと行いましょう。

複合機・コピー機レンタルのメリットとデメリット

続いて複合機・コピー機をレンタルした場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

レンタルの3つのメリット

レンタルのメリットは次の3つが挙げられます。

  • 保守・修繕費用はレンタル会社が負担する
  • 審査なく借りることができる
  • 解約したい時に解約できる

最大のメリットは、短期間だけ借りたいときに借りられる点にあります。

リースは数年単位の長期契約が基本になり、さらに中途解約ができません。

しかしレンタルならこれらの縛りにとらわれることなく複合機・コピー機を利用できます。

レンタルの4つのデメリット

一方でデメリットとして次の4点があります。

  • 初期費用がかかる
  • 希望の機種を取り扱っていない場合がある
  • 借りられる期間が短い
  • 最新機種を利用できない

やはりネックなのは機種の選択肢が少ないことです。

必要な機能を搭載している複合機・コピー機がラインナップされていないこともあるため、レンタル会社の比較・検討が欠かせません。

また料金を安く見せるために、何世代も前の古い型をレンタルするケースもあるので注意が必要です。

複合機・コピー機のリースとレンタルはどちらが安いの?

まず前提として、導入する複合機・コピー機の性能・モデルによって料金が大きく異なる点に留意してください。

これはリース、レンタルのどちらにも共通して言えることです。

高スペックなものほどコストが高く、中古品や低スペックモデルは安い傾向にあります。

ニーズに合わせた機種選択をするために、少なくとも次の4つのポイントを考えてみましょう。

  • モノクロ・カラー印刷、特殊印刷
  • 印刷速度
  • 無線接続
  • 毎月の印刷枚数の目安など

これらを明確にした上でリース・レンタル各社に見積もりを出してもらい、それらの中からコストパフォーマンスに優れたものを選びたいものです。

同じ機種で比較するとリースの方が安くなる傾向

小規模オフィスで利用頻度はさほど高くないのに、無理にハイスペックなモデルを選ぶと、それだけで余計なコストが発生してしまう恐れも。

逆に大規模オフィスや、特殊な印刷が必要になる環境にもかかわらず、値段を重視して低スペックなものを導入してしまうと、リース・レンタルの意味がなくなる可能性も考えられます。

このように、利用目的や選ぶモデルによって価格がバラバラになってしまいがちで、一概に「リースとレンタルのどちらが安い!」とは言いづらい部分があるのも事実です。

同モデル・同スペックの複合機・コピー機で比較すると、月額料金、初期費用はリースのほうが安く済ませられ、レンタルのほうが高い傾向にあります。

コストを考えると、リースのほうが安く済ませられるパターンが多いでしょう。

複合機・コピー機のリースは保守料金も考慮して!

リースは「リース料金」とは別に「保守料金」を考慮しなくてはなりません。

それぞれ簡単に説明すると…

  • リース料金:本体の料金
  • 保守料金:複合機・コピー機の維持費

といった具合です。

印刷するたびに「カウンター保守料金」が発生し、月々数千円~数万円の費用が発生することがあります。

保守料金はリース会社によって設定額が異なるので、しっかりと比較しましょう。

例えば「リース料金がとても安く、飛びつくように契約したものの、保守料金が相場よりも高くて総コストがかかりすぎる…」といったケースもあり得る話です。

一方のレンタルは保守料金が無料になっている代わりに、月額料金が少々高めとなることが多い傾向にあります。

そのため、保守料金まで含めた月々のランニングコストを見積もってもらって、比較・検討するのがベスト!

まとめ

今回は複合機・コピー機のリースとレンタルの違いやそれぞれのメリット・デメリットなどを紹介しました。

リース・レンタルを選ぶときは、次の3点を考慮した上で価格を見積り、比較するようにしましょう。

ここがポイント
  • どの程度の期間利用するかが最重要ポイント(長期ならリース、短期ならレンタル)
  • オフィスの規模や利用目的に沿う機種を選びたいならリースのほうが優秀
  • コストはリースのほうが安く済ませられるケースが多い

しかしこれらのポイントを理解していても「実際にご自身のオフィスに合う選び方ができるか…」と言えば、なかなか難しいものです。

オフィ助は複合機・コピー機のリース実績が豊富な経験を活かし、お客様に合わせたベストな提案を致しております。

「リースかレンタルか悩んでいる…」
「うちの事業に必要な複合機・コピー機がどれか分からない…」

といった悩みを抱えていらっしゃる方は、ぜひ一度、お気軽にオフィ助までお問い合わせください!

コメント