年末お掃除!複合機もお忘れなく!
使い方

複合機・コピー機の正しいクリーニング方法をまるごと伝授

印刷物に、何か汚れがついていたり、黒い線ができていたりといった経験はありませんか?

それは、複合機・コピー機にクリーニングが必要という合図の可能性があります。

しかし、

「クリーニングって、業者を呼ぶ必要があるの?」
「クリーニングはどうやってやるの?」

などといった方も多いです。

そこで今回は複合機・コピー機のクリーニング方法や、メンテナンス方法についてなどご紹介します。

これを読めば、日々のお手入れからクリーニング方法までわかるので、印刷物が汚れてしまっても困りません!

ぜひ読み進めてくださいね。

複合機・コピー機の印刷物に「黒い線」が出たらクリーニングの合図

複合機・コピー機で印刷をしていて、黒い線がついているという経験がある方も多いですよね。

それは、複合機・コピー機のクリーニングの合図と思いましょう。

複合機・コピー機を使用していれば、2~3年程度で黒い線や、印刷物がはっきりとしない(抜けている)などといったことが出てくるようになります。

これは、その複合機・コピー機に不具合が生じている、機種が悪いなどといったわけではなく、どんな機種でも自然に発生することなので安心してくださいね。

また、黒い線や霧がかった汚れというのは、複合機・コピー機をクリーニングすることで改善しますよ。

これで完璧!複合機・コピー機のクリーニング方法3種類

黒い線、霧がかった汚れが印刷物に付着するようになったら、これからご紹介するクリーニング方法を用いて改善していきましょう。

1. 複合機・コピー機の本体を拭き掃除する

まずは、汚れがどこで付着しているかわからないので、複合機・コピー機本体の拭き掃除が必要です。

掃除するポイントとしては、次の3つがあるので参考にしてくださいね。

  1. 原稿カバーの裏側と原稿読み取りガラス
  2. フィーダーを開けてカバー裏のローラー
  3. フィーダー内の中カバーにあるローラー(中カバーがある場合のみ)

複合機・コピー機本体がすでに汚れている状態では、たとえ印刷に問題がなくても紙が汚れてしまいます。

紙が汚れないように拭き掃除をしましょう。

拭き掃除で特に注目すべきポイントが原稿読み取りガラスです。

ここが汚れていると原稿カバーが綺麗な状態でも線や影が入ってしまうので、入念に拭き取りましょう。

2. 複合機に搭載されているクリーニング機能を使用する

本体の拭き掃除をしても、黒い線などが発生する場合は、複合機・コピー機のクリーニング機能を使用しましょう。

Canonであれば、操作パネルで

  1. 初期設定/登録
  2. 調整/クリーニング

でクリーニングができます。

メーカーや機種によっては、「ドラムリフレッシュ」「ドラムクリーニング」といった操作で自動的にクリーニングを行ってくれるので、実践してみてください。

3.  PCのクリーニング機能を使用する

PCからも、複合機・コピー機のクリーニングを操作することができます。

Windows版では次のような流れになるので、覚えておいてください。

  1. 「スタート」メニューをひらく
  2. 「プリンターとFAX」
  3. 使用している複合機・コピー機の右クリックで「印刷設定」
  4. 機種に応じてクリーニング設定を選択

クリーニングを数回行っても解消されない黒い線や汚れは、本体内部のメンテナンスの必要がある可能性があるので、リース会社やメーカーに問い合わせるようにしましょう。

クリーニングと合わせて心掛けたい3つのお手入れポイント

複合機・コピー機を快適に使えるだけで、仕事の作業効率も上がります。

ここからは、クリーニング以外にもした方がいい日頃のお手入れポイントをご紹介します。

実践するだけで、複合機・コピー機を快適に使用できるので注目してみてくださいね。

1. トナーは早めに交換する

トナーの交換、印刷ができなくなってから行うという方も多いのではないでしょうか。

トナー交換時期が近付くと、複合機・コピー機では「サイン」を示してくれますが、それを無視して使い続けるとある日突然コピー機がトナーを交換するまで使用できなくなります。

これでは、業務が滞る可能性がありますよね。

そうならないためにも新しいトナーをあらかじめ用意しておき、交換のお知らせがでたら余裕をもって交換しておくようにしましょう。

2. 紙詰まりを防止する

頭を悩ませることが多い紙詰まりのトラブルは、快適に複合機・コピー機を使用できるとは言えませんよね。

詰まった用紙を取り除こうにも、どこで詰まっているのかわからないといったこともあります。

場合によっては、業者よりサポートをしてもらわなくてはいけないこともあるので、日頃から次の3つに気をつけて使用することが大切です。

  • 対応外の厚さの用紙を使わない
  • 給紙ローラーを清掃する
  • 折れた裏紙や、静電気を帯びた用紙は使わない

紙詰まりの原因としては、静電気や湿気、そして寒い時期の結露などがあります。

空調を調節してから使用するなど工夫をすることで、各段に紙詰まりの確率が減りますよ。

3. 用紙は小まめに補充する

用紙は、細目に補充するようにしましょう。

用紙が補充されている気持ちで、複合機・コピー機を使用する方は多いです。

中には、印刷をしたのに気が付けは用紙が補充されていないために、印刷が止まってしまっていたということはよくあります。

そこから用紙を補充して印刷を開始しては、時間のロスですよね。

自分が印刷できたらかよしとするのではなく、他の人のためにも時々用紙が十分かどうか確認するようにしましょう。

ただし、入れすぎは紙詰まりの原因にもなるので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、印刷物に現れた汚れの対処方法や、日頃のお手入れについてなどご紹介しました。

ポイントとしては次の3つがあります。

ここがポイント
  • 印刷物に黒い線などの汚れが発生したら、クリーングのタイミング!
  • 本体の拭き掃除を行ったあと、クリーニングをしよう
  • クリーニング機能は、複合機もしくはパソコンから操作可能!

「何度コピーしても黒い線が消えなくて困っている」
「快適に複合機を使って作業効率を上げたい」

といった方は、この記事を参考に日頃からお手入れとクリーニングを心がけてくださいね。

複合機・コピー機の使用の仕方など、お困りのことがありましたら下記までお問い合わせください。

オフィ助では、複合機・コピー機のさまざな疑問についてもお答えしております!

コメント